2010年11月28日

BlackBerryでのライフログ(GoogleTalk)


 先日、BlackBerryでのライフログについて軽く触れたところ、ご質問を受けたので、今日はそこのところを少しくわしく。

 ライフログとしてももちろんいいし、
 僕はそれ以上に思いつきやアイディア、考えごとネタ、などなど、思いついたり気になったらどんどんそれを記録してる。

 それをやるのにいちばん良い方法を求めて、いろいろと試行してみたところ、(現時点では)GoogleTalkの利用がベストかな、と。

 いろいろ試行した、と言ったけど、僕の場合、
 運用要求、つまり求める条件としては、

 1 いつでも数秒以内で書けること
 2 PCからでも同一ファイルに書き込めること
 3 自動的に一日ごとのファイルにできること
 4 EvernoteやGmailなどへの転送保存がラクなこと

 GoogleTalkを使えば、上記は全て満たせる。

 必要なもの。
 ・Gmailのアカウント2つ。
 ・BlackBerryでのGoogleTalkアプリ
 ・PCでのGoogleTalkアプリ


くわしく見てみる
posted by Shu UETA at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

BlackBerry Bold2(9700)レビュー


 さる日曜、twitterでは随分はしゃいでいたんだが、
 携帯電話のBlackBerry(以下、BB)を、9000から9700に更新した。

 当初は、国内販売を期待してもうしばらく待つつもりでいたのが、待ち切れず、やってしまった。

 待ち切れず熱望した主たる動因は、カメラ機能といって過言でない。

 このあと簡単にレビューするが、カメラ以外では、もちろん9000は十二分な機能を持っている。
 ただ、僕の場合は、個人的情報活動のうえで、カメラはそこそこ大きな位置づけのツールなので、文書やメモ類の撮影が困難であった9000では、ほとんど撮影のためだけにもうひとつの通常携帯を持ち歩くことが多かった。で、撮った画像をいちいちBBかPCにbluetoothなりメールなりで転送していた。
 その不効率の改善といった面が強かった。

 レビュー、
 ざっくり大まかなことを言えば、

 ○小さく軽いっ
 ○バッテリドアのガタつきがない(本来そうあるべきだが ^^;)
 ○ゴシックフォントが使える
 ○カメラ想像以上に良い
 ○タッチパッド快適
 ○メールで各社絵文字が表情系はほとんど表示される(Gmailアカウント)
 ○着信音が、電話・メールともに、相手ごとに設定可能(9000では電話のみ)
 ○データ読み込みやサムネイルが速い

 といった感じ。


も少しくわしく見てみる
posted by Shu UETA at 01:44| Comment(5) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

BlackBerryでできること・できないこと


 たいした関連記事を書いてないにもかかわらず、どうもウチにはBlackBerryでの検索ヒットで見に来ていただいているトラフィックがかなりあるので、
 購入を検討しておられるような向きに多少なりとも有益な記事を一本書いておきます。

 まあ、ズバリ、BlackBerryで何ができるか、そして何ができないか、といったこと。

 先に結論的にざっくりまとめておくと、

 利点としては、
 当今の流行りでいうと、おそらくTwitterには最も親和的だろうということ。
 次に、最大のメリットは複数アプリの常駐、つまりバックグラウンドでの動作が可能であるということ。(iPhoneについては、これができないのが最大の不便だろうと思う。)
 そしてメール機能が強力ということ。
 あらゆる場面でショートカットキーが強力ということ。
 キー入力がきわめて快適であるということ。
 電池の持ちがかなりいいこと。
 MicroSDカードが使える点。
 PCとの連接で、専用ソフトを通す必要がないこと。(専用ソフトはあるけれども。)
 音楽ファイルの操作性が良いこと。 など。
 

 不便については、
 写真撮影機能がきわめて低性能な点。
 遊び系やゆるい系、あるいは音楽クリエイト系のアプリはほとんど無い点。
 その他、ニッチなさまざまなアプリが、例えばiPhoneなどよりは圧倒的に少ない点。
 EvernoteアプリがWiFi圏内でないと使えないこと。(サイト経由ならいつでも使える)
 使いこなすにはある程度の情報機器経験や機器カンが必要で、情報機器苦手系の人には気軽にオススメしづらい点。 など。


 購入を検討しておられる方は、一読のうえ、ぜひ参考にしてください。
 (使い道によっては、BlackBerryが良いとは言えません。)


続きを見てみる
posted by Shu UETA at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

EvernoteをやめてGmailへ


  web上のクリッピングはもとより、いろいろなアイディアの断片や、各種メモ、記録などをすべてEvernoteに放り込んでいたんだけれども、

 FriendFeedでのYuuさんのpostを見て、そうだよなあとあらためて実感。
 それは、Evernoteの動作が重いってこと。

 他にも思い当たる不満は、携帯での使用にもEvernoteはあまり便利でもないと。

 一方で、いまEvernoteでやってることって、ほとんどGmailでできるんだよな、と気づく。
 で、思い立ったら吉日とばかり、完全にGmailに移行してみることにした。

 いろいろテストしてみたところ、結論からいうと、ほぼ完璧にEvernoteに代わって機能し得る。

 詳細は後述するけれど、
 メリットは、
 動作が軽い
 検索が強い
 携帯でも使いやすい
 さまざまな形式のファイルを添付できる

 デメリットは(Evernoteと比べた場合)
 写真等の画像内の文字の自動認識で検索にヒットさせることは無理。(しかしこれはどうせEvernoteも日本語文字には対応していないんだし、さほどのダメージではない)
 ノートとして自在に書き加えたり、編集したりすることができない。(ただし代替方法はあり、後述。)
 Evernoteにおけるノート分けとタグ付けに対して、Gmailではラベルしかない。(しかしFirefoxでグリモンを使うなどすればGmailのラベルも階層化はできる。<ただし僕はこれを採用せず。)
 ページ内の画像を真に保存することはやや面倒。(後述)

詳しく見てみる
posted by Shu UETA at 04:23| Comment(13) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

BlackBerryにいれてるアプリ


 先日オフ会に行った(けどこういう話題がなかった)こともあって、自分が使ってるアプリを一覧で紹介してみることにした。

 ※BlackBerryユーザーしか関心のないネタなので悪しからずっ ^^;)

見てみる
posted by Shu UETA at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

BlackBerryがフリーズした時の再起動(ソフトリセット)


 BlackBerry使用においてしか関係ないネタなので、悪しからずです。

 誰かの何かの折の参考になればと、メモとしてポストしておきます。
 (以下、すべてBlackBerry Bold使用におけるものです。)

 ごく稀ですが、BBがフリーズした場合に、再起動(ソフトリセット)する方法。
 (僕の場合は、巨大に過ぎたかもしれないPDFをDL閲覧しようとしたときに本気フリーズがあった)

 関心のある向きはご覧ください。


見てみる
posted by Shu UETA at 17:19| Comment(4) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

BlackBerry Bold レビュー(3)メール


 今回はメール関連で。
 だんだんテンションが平常状態化してきたのでざっくりと。^^;)


見てみる
posted by Shu UETA at 00:43| Comment(4) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

BlackBerry Bold レビュー(2)


 Image197.jpg
 ブルーのハードカバー 裏側


 今日は概観、基本操作関連でざっくりと。



見てみる
posted by Shu UETA at 03:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

BlackBerry Bold レビュー(1)


Image189 (2).jpgImage193(2).jpg

 実っつは さる先月24日、BlackBerry Boldを購入した。
 ツール系ひさびさの大ヒットで大満足。

 そもそもITマニアが少し入ってる僕のこと、昨今のいわゆるスマートフォン流行りに食指が動かぬはずもなかったわけだけど、どうもなかなか僕の運用要求に合致するものがなくて、調達は見送り続けていた。

 所詮は個人の問題なので、とりあえず装備してからあとは運用法を考えるというスタイルもアリといえばアリだが、今さらそんな駆け出しでもない。
 …というか、携帯や電子手帳は、もとより相当に吟味して選定する性だし。

 今回の装備化は結果からいうと、残念ながらわずかに三点ほど、当初の運用要求にそぐわない点があったけれども、重み付け等も勘案すると99%要求を満たしていて大いに満足。

 満足していなくても書こうとは思っていたけれど、一応のレビュー記事らしきものを数回にわたって書いてみる。

見てみる
posted by Shu UETA at 03:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

Evernote正式採用っ


 Google Notebook開発終了ということが、数日前から一部でちょっとした騒ぎになってる。
 もっとも、ご新規さんはお断りになるけど、現在の利用者は引き続き使用可能とのこと。
 ただし、アドオンなども今後更新はされませんよ、と。

 僕も(その使用期間と活用振りからすると)「愛用」していた部類なんだけれども、
 随分以前から何かと不服はあって、さまざまに浮気を繰り返しては、
 どれも、帯には短いし襷にもどうよということで、
 Gnoteとの腐れ縁を続けてきてた。

 その間、彷徨を重ねて、そりゃあもう、この手のサービスだのアプリだのは ほとんど試し尽くしたろうと思うんだけど、
 その中でどうしてもあきらめきれなかったのが、Evernote

 これは充分に有名なので、今さら僕が紹介するほどのこともない。
 利用者も昨年くらいからどんどん増えている。

 しかし僕がどうしてもガマンできなかったのが、日本語検索の利かなさぶり。
 こんなにバカな子は知りません。-_-;)

 tag機能が優れているので、それとノートブック(フォルダに相当)管理を組み合わせて、検索性はカバーできる、とする人が多かったけど、
 僕は、もうとにかくさまざまなクリップやメモを大量に放り込んでいくタイプなので、キーワード検索が利かないというのは、いかにも手痛い。

 僕の実感からすると、明らかに存在している言葉でも、キーワードとして検索にヒットするのは、5%くらいじゃないかな、って感じ。
 メモのタイトルにある言葉であってもヒットしない。

 しかし、僕はあきらめが悪い。
 いったんは見送るけれども、開発が進んで、いつか日本語検索もOKになりはしないかと、
 RTMに毎月リマインダーをさせて、月一回試しにテストしに行ってた。


 さて、で、
 いま上述してきたEnoteの話は、もはや過去の話。
 奇しくもGnote開発終了の報に接したその日に、ちょうどEnoteをテストしに行ってみたところ、
 なんと、日本語検索がバッチリになってる!

 その日から3晩かけて、一昨夜遅く、GnoteからEnoteへの完全移行を終了した。

 もはや文句なく、Evernote、オススメです。

 興味のある人向けに、いくつかアドバイスを列挙しておこう。

見てみる
posted by Shu UETA at 02:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

FriendFeedのススメ


 以前からずっと書こう書こうと思ってたんだけど やっと。
 FriendFeedのススメっ

 FriendFeedについての一般的な能書きは端折る。全く初耳ってひとは、ぜひ検索していろいろとつまみ読みしてみて。^^)

 その一般的な説明だと、
 たいていは、Twitterのライバル、対抗馬だとかそんなとらえ方がひとつ、
 そして、Twitter以上にライフストリーミングというところに力点をおいたものがひとつ、
 この二点での理解が主流と思える。

 僕に言わせると、
 正直言って Twitterの代替になんて、なり得ない。
 参加人口の規模がまるで違うし、それは単なる普及度の問題ではなく、明らかにTwitterよりは敷居がはるかに高い、つまりマイクロブログなんていう範疇ではないのだから、そうした意味では余計なものがあり過ぎる。
 未来永劫、Twitterのライバルになんてなりっこないし、土俵が違うんだからあたりまえ。

 ひるがえって、ライフストリーミングという観点なら、それはまさにFriendFeedの土俵。
 自分の、そしてちょっと気になる誰かのライフストリーミングを楽しむには、最っ適のツール。

 だけど、僕がオススメしたいというのは、また別の観点で。

 それは、より知的生産的な部分で。
 あるいは 知のシェアといった意味で。
 プラスαで、仲間との意思疎通。(これは多分にライフストリーミング的に)
 こうした観点で、FriendFeedは最強のツールだと思う。

続きも見てみる
posted by Shu UETA at 20:17| Comment(4) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

Google Chrome 雑感

 Google Chrome 早速使ってみたっ

 結論からいうと、

 操作感はいい。軽い。
 がしかし、何年前の感覚のブラウザですか…っていうくらい、シンプル(機能がね)。

 そしてこれをいちばん言いたい
 致命的なのは、何よりも、Googleの各種サービスを使うのがきわめて不便。
 むしろ正確にいうなら、不便というより「使えない」と言ったほうが適当かも。

 Googleノートブック?
 閲覧も編集もできるけどクリッピングはできない。

 Googleブックマーク?
 一サイトページとして閲覧するのみ。
 自分のオンラインブックマーク先に行きたいなら、まずGoogleブックマークのページを開いて、そこからリンクをたどってくださいな、ってこと。
 (もちろん、普通のブラウザ同様、ローカルとしてのブックマーク機能はあるからそっちを使えってこと)

 Googleツールバー?
 もちろん無し。機能がついてないというだけの意味じゃなく、対応自体してないから、IEやFxみたいにGoogleツールバーなんてものの機能付加自体ができない。

 というわけで、単にブラウザとして使うには、旧時代的な感覚では特に問題ないし、まあむしろ軽さとか、各タブの独立性、IEに対抗した今時ふうのシークレットブラウジングなど、見るべき点もあるけれど、 し、か、し、

 Googleの各種サービスを使うなら、他社のブラウザを使うべき

 たとえばIEなら最新のGoogleツールバーを入れると、Googleの各種サービスの利便性はもとより、RTMでさえ、ツールバー上でタスクの確認から追加までできる。もちろんGoogleカレンダーについても同様。

 Googleノートブックにしても、たとえばFxだって拡張で、サイト閲覧中に右クリックでサクサクとクリッピングができるわけだけど、
 もちろんChromeもオープンソースだから今後いろいろ拡張的なものもあるのかもしれないとはいえ、
 わざわざ自前でブラウザを開発していながら何故にその程度の自社サービス連携機能を盛り込んでいないのか、理解に苦しむ。

 ちなみに、ダウンロード開始を待つ間にいろいろ米国サイトを渉猟していると、関係者の話として、「Googleツールバーは後ろ向きのもの。Chromeは前向きのものだ。今さらGoogleツールバーはない」といったコメントを見かけた。
 それは、自前のブラウザができた以上、もはや他社ブラウザ向けのそういった開発には力を入れないとでもいった意味かと思っていたら、さにあらず。

 さきにも言ったとおり、まあオープンソースだし、今後さまざまに改善される、もしくは改善したものを提供するところが出てくるかもしれないけれど(そしてそれを心待ちにするが)、

 少なくとも目下のところ、
 Googleユーザーならば、IEかFxを使うべき、というのが僕の感想。

 かなり期待していただけに、残念でならない。
 ほんと がっかりだ。

 一応使い道は考えてるけれど…
 まあ軽いのはほんとに軽い。そして速い。
 だから…Googleギアとして使うのはいいかもなぁ…とは。

 Gメールにしてもカレンダーにしても、RTMだってギアに対応してるわけだから、ギア登録して、専用でウィンドウをひとつ立てとくのもありかな、とは。

 さすがに、ギア登録は非常に簡単にできるようになってる。
 サイトを表示した状態で、右上のページメニューから、ショートカットの作成を選ぶだけ。

 改善を期待しつつ
 とりあえずの試用第一報でした。
 操作フィールもデザインも好きなんだけどなぁ…

posted by Shu UETA at 05:55| Comment(4) | TrackBack(2) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

Timelog



 以前、僕が意外と手帳を愛用してるのだ(今の季節からは携帯)ということを書いたけれど、その目的のひとつには、Life log とでもいった要素も含まれてる。

 その目的に沿ったツールとして、Timelog を使い始めてみた。
 目下試行中。

 今回はその紹介。

見てみる
posted by Shu UETA at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

twitter

 twitterというのも実に今さらなんだけど ^^;)
 そして先日の記事(夏に向けての手帳電脳化)でも少し触れていたんだけど、

 僕の周りで最近始めたひと、始めてほしいひとがぽつぽついるため、ざっくり簡単にtwitterの紹介記事を。

興味ある人は見てみてください
posted by Shu UETA at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

夏に向けての手帳電脳化


 さて、一歩一歩と夏が近づいている。
 装いも日々軽く。

 すると?
 ポケットが減る。
 そして僕はカバン類は(極力)持たない派。

 僕は一般に僕を知る人々の意表を衝いてマメに、実は結構な手帳愛用家。

 予定関連はともかくとして、
 ものを考えるのに手帳をよく使う。

 考えるべきこと、考え中のこと、思いつき、感じたこと、思索の触媒になりそうなネタの数々。
 ぼーっと眺める用の、ideaの断片や触媒。
 それに各種メンタルな思いつきも。
 さらに意表衝くことには詩らしきものもモノするし ^^;)

 しかも厄介なことに、僕というのは、たいてい外をほっつき歩いてるような時や、夜(昼もだけど ^^;) 寝てるときなんかに、何かを思いつくことが多い。
 だから手帳は持ち歩いてる。

 しかし夏に手帳を持ち歩くのは非常に面倒。ズボンのポケットにいろいろ入れるのキライだし、カバン持つのもイヤ。^^;)
 例年、いろいろとそれなりの工夫はするんだけれど、
 (去年はPocketModがいいカンジだった)

 今年は、久しぶりに電脳化という方向で調査検討してみたところ、net上の諸サービスの発展もあって、 おぉ、いけるやん、ってカンジ。

 僕は長年 アナログとデジタルの間をウロついてる(そういう人は多いと思う)けど、
 以前の僕のデジタル化といえば、

 第一次がシャープのザウルス時代(青森にいた頃だなぁ…懐かしい)
 第二次がソニーのclie時代(埼玉・東京の頃か。彼女とおそろいのを持ってたな…恥ずかしい ^^;)

 その両者ともに大きく退勢、それに僕は今はクルマ中心生活ではないのだから、PDAといえども夏の服装で持ち歩くのは実に邪魔。

 もちろんご想像のとおり、
 であればケータイしかない、
 そう、その通り。

 ということで、この夏の手帳電脳化方針をご紹介。
 なにがしか参考になる点でもあれば幸い ^^)
 (ただし、予定管理メインの人にはあまり向いてないです。)

見てみる
posted by Shu UETA at 00:34| Comment(4) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

scribd


 かねてから話題(…ってほどでもないのかな、微妙)だった scribd に登録したっ

 まだ仲間がぜんぜんいないので、ぜひみんな登録して「friends」(マイミクみたいなかんじ)になろうっ!
 ちなみに僕のIDは、「rainyshu」で。
 (ついでのちなみに僕のページはこんな今こんな感じ

 まだテストで二種類ほど文書アップしただけだけど、
 しかし…
 ここはおもしろい。きっとそのうちすごいことになるんじゃないかな。

 一般的な文書形式はほとんどカバーしてるし、フラッシュで動作軽快だし。
 そしてコメントもつけれる、何人の人が見たかもわかるし、
 さっきも言ったけど、mixi的にマイミクみたいなもの作ったりできるし。

 用途としては、
 単に発表の場の一環として、あるいは自分の文書貯蔵庫として。

 それに加えて、自分引用元としてというのも便利だと思う。

 自分が何かとモノを書いていて、かつ、日ごろ誰かとのやりとりの中でそこからの自分引用をする場合が多い人などは、リンクアドレスを言うだけで済むから便利だと思う。または、blog記事などにダイレクトに貼り付けることもできる。ちょうどYoutube映像を貼り付けれるのと同じように。

 僕は、ぜひこれを勧めたい友人が何人か心当たるんだけど、追って個人的にオススメさせてもらいまっす。^^)

貼り付けてみたとこ見てみる
posted by Shu UETA at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。