2004年10月08日

(music) ラブソング

 今夜はMステーションが「究極のラブソング特集」とやら…

 もの見高く、聞き高く、見るとはなしに聞くとはなしに、見たり聞いたりしていたんだけど、出演アーティストそれぞれの「思い出のラブソング」というのは、なかなか面白い。
 なんとなく人となりが表れているようでもあり、意外だったり。
 (安室奈美恵が、Wink の「愛が止まらない」を入れてたり)

 いろんな人のを聞いているうちに、自分も選んでみたくなった… ^^;)


続きを読む
posted by Shu UETA at 22:03| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(読書)「人間が幸福になる経済とは何か」

 cover

 「人間が幸福になる経済とは何か 〜世界が90年代の失敗から学んだこと」
 Joseph E. Stiglitz

 昨秋も深くに出版されて、それなりの話題になっていたものの、あまり興味を惹かれず、読まずにきていたが、遅れ馳せながら、読んでみた。
 結果、こんな良書とは思わなかった。読んでよかった。ふぅ、危うい危うい ^^;)



続きを読む
posted by Shu UETA at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月06日

(読書)(TV) 「 炎立つ 」

 どうやら昨日から時代劇チャンネルで「炎立つ」が始まっていたようだ。
 まだしも今日気づいてよかった、今日から見よう ^^)

 かつて、まだ大河ドラマが本当に人間というものを、そして時代精神と自己との間での夢、苦悩を描き、人生や哲学を問い得ていた頃の終焉近く(個人的感覚では最後)にあたる時期のNHK大河ドラマ作品。
 平成5年。



続きを読む
posted by Shu UETA at 09:47| Comment(10) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

(music) 「wet from birth」the faint

 cover

 the faintwet from birth
 先日MTVで、「I Disappear」を聴いて一目惚れならぬ一耳惚れ?して早々に購入。
 Amazonで注文してたのが先ほど届く。やったっ! ^^)


続きを読む
posted by Shu UETA at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

(書籍) 「チェチェン やめられない戦争」

 今朝の日経「この一冊」に紹介されていた本、
 「チェチェン やめられない戦争」
 アンナ・ポリトコフスカヤ著 三浦みどり訳

 最近、チェチェン問題についても勉強しているところ。
 この本もまだ読んでいないが、興味津々。
 日経読者でないひとのために一応記事紹介を。

続きを読む
posted by Shu UETA at 07:16| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月09日

(映画) 「エンジェル 僕の歌は君の歌」

 今夜21時、チャンネルNECOで
 「エンジェル 僕の歌は君の歌」 がある。

 随分古い映画(92年)だけど、大好きな映画。
 あまり邦画を好きではないのに 珍しく… ^^;)

 今回は録画するつもり ^^)

続きを読む
posted by Shu UETA at 17:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月01日

2004年08月28日

(読書)「ダ・ヴィンチ・コード」

cover

 遅れ馳せながら…ようやく読みました ^^;)

 感想、おもしろいっ!傑作と評価できるっ
 かつ、たまたま個人的な興味にすごく合致していたせいもあるかも。
 (随分以前に薦められていながら、優先順位を高く設定していなかった不明を恥じるよ >Capt.M )


続きを読む
posted by Shu UETA at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

(読書)「よみがえる武士道」

 これも矢張り先の記事において言及したので、紹介したい。

 武士道について述べた書物は多いが、私がこれまで読んだものの中では、最も感銘を受け、考えさせられ、自らの資となったと思うのが本書である。

続きを読む
posted by Shu UETA at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(読書)「幕末政治家」

 随分以前に読んだ本だが、先の別記事において触れた通り、最近になってまた紐解くことがあったので、これを機会と、この良書を紹介したい。

 「幕末政治家」は、幕末にあっては幕臣、明治には報道人、いわゆるジャーナリストの草分けと目される、福地桜痴の著作、タイトルの通り、幕末期の内政、外交の重要な局面に当たった阿部正弘、井伊直弼、岩瀬忠震、等々その他幕末期の閣僚に名を連ねた人物たちを論じる。

続きを読む
posted by Shu UETA at 16:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月22日

(読書)「アダムの呪い」

 前著「イヴの七人の娘たち」で、ミトコンドリアDNAを辿って人類の共通祖先(母系)を探った著者が、今度はY染色体によって男系を過去にだとる話。


続きを読む
posted by Shu UETA at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月17日

(読書)「実録 田中角栄と鉄の軍団」

 「実録 田中角栄と鉄の軍団」上中下巻、読み了わりました。
 感想としては、なかなか良い本。

続きを読む
posted by Shu UETA at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月12日

(読書) 「裕仁天皇の昭和史」

 「裕仁天皇の昭和史」 山本七平 著

 例によりいろいろ同時並行で読んでいるため、コメントが遅れましたが、
 本書はお薦めの良書です。

続きを読む
posted by Shu UETA at 07:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月04日

(読書)「飛ぶ教室」

 本好き Peopleさんのblogでのトラックバック企画、子供の頃に読んで、いまでも心に残っている本への参加です。

 ケストナーの「飛ぶ教室」っ!
 この呼びかけを見た瞬間に思い出しました。

続きを読む
posted by Shu UETA at 22:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月30日

(読書) 「 成功の掟 」

 「GOOD LUCK」の記事で紹介した「 成功の掟 」


続きを読む
posted by Shu UETA at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(読書) 「 アルケミスト 」

 「GOOD LUCK」の記事で紹介した「アルケミスト」

続きを読む
posted by Shu UETA at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(読書) 「 GOOD LUCK 」

 仲間の薦めにて、「 GOOD LUCK 」読んでみました。

続きを読む
posted by Shu UETA at 14:35| Comment(0) | TrackBack(2) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月28日

夏休みの100冊っ

 ひできさんの記事(HPO:個人的な意見)を見て触発され、思わず早速、100冊リストをつくってみましたっ
 中学生〜高校生くらい対象お薦めしたいもの、という感じで、彼女とああでもないこうでもないと話し合いながら、かなりの時間を費やしてましたが、楽しかったです。
 こういう時間の過ごした方も、なかなか楽しいものですね。

続きを読む
posted by Shu UETA at 21:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月25日

(読書) 「 新田義貞 」

image/rainy-2004-07-25T06:39:32-1.jpg

今朝まで手にしていた本は、
新田次郎氏の「新田義貞」である。

続きを読む
posted by Shu UETA at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。