2005年08月15日

民主岡田氏:発言の軽さ


 各陣営、積極的に街頭遊説に精を出しているところだが、報道を見る限り(あるいは党自身のHPを見ても)、どうも民主党岡田代表の発言というものは脇が甘いというか軽々しくて、味方ならずともヒヤヒヤする。

 自民をこきおろしたい気持ちも、民主政権移行を訴えたい気持ちも当然理解するが、もう少し精緻な発言をしないと、あまりにも突っ込みどころが多いというか、反論し易い、あるいは積極的に理解しようと思っても、論旨をめぐって常に微妙に首をひねらされる。
 聞けば聞くほど聞き返したいことが出てくるが、当然質問するチャンスもないので、ストレスばかりがたまる。

 これは選挙戦に限らず、平素からの彼の性質でもあるのだが、与野党を問わず、一定以上の立場にある議員の中で、そうした人は非常に少ない。その点、きわめて資質が低いように思えてならないのだが、民主党がなぜ彼をリーダーに据えていられるのか不思議だ。(真面目だから?)
 この時点で既に民主党の政権担当能力には疑問符をつけたくもなる。
 もし彼がリーダーにふさわしいというならばその感性においてそうであるし、思想的に乖離した党内各派の了解を得やすい薄い人間を据えているに過ぎないのであれば、そうした各派の矛盾は政権を担当してこそより噴出するであろうし。

 ごく市井のblogを書いていてすら、何をテーマにせよ、もしあることを言えば当然読者が感じる可能性のある疑問等については極力網羅しておこうと思うものだし、定義が曖昧な言葉を無説明に使用することも通常は避ける。少なくともそう努力はされるものだろう。


続きを見てみる


posted by Shu UETA at 10:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

参院否決・衆院解散へ(雑感 8日19時半現在)


 ご存知の通り、郵政改革法案、参院は大差で否決、それを受けて首相は臨時閣僚会議を開き、解散反対の閣僚等を罷免の上で、衆議院解散を閣議決定した。

 否決については大方の予測の通りであり、今さらその原因をここで洗おうとは思わない。
 ただ、一部の予測(僕の予測ではないが)を超える大差性については、直前で勝敗が明らかになってきた時点での勝ち馬乗りが増えた結果であろうと思う(現に、否決されそうなので反対票を投じますと、あらかじめ断りを入れている議員もいた)ま、中国大陸や、本邦であれば南北朝期の戦いの様相と同じだ。

 こうした現状と今後について、現時点(8日午後7時半)の雑感をざっくりと書いておこうと思う。
 常々言うとおり、僕は政局について書くのは好きではないのだが、今回については国の行く末にも大きな影響を与える可能性もあるので(本来はそうしたものことそが「政局」の名にふさわしいのだが)、さすがに無視し得ない。

読んでみる
posted by Shu UETA at 19:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

小泉総理の解散権


 郵政民営化法案をめぐる、参院否決の場合の小泉総理の衆議院解散発言に関しては、さまざまに取り沙汰されているが、僕自身は、ことさら筋の通らない話だとは思っていない。むしろ、いわゆる造反派の非難根拠にくらべれば、比較的よほど筋が通っているかもしれないとも思っている。
 (ま…敢えて言うなら、憲法の記述自体に不備がある面もある。)

 一言で言えば、「国民の信を問う」手段として、(参院否決の場合)今回については、全般的状況からそのタイミングがそうおかしなものとは思えない。
 (これは、制度的に許されるかどうかという話であって、解散の判断が適当かどうかということはまた別)

続きを見てみる
posted by Shu UETA at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

自民:靖国問題勉強会


 報道によると、自民党内で、首相の靖国参拝を批判する議員らが「靖国問題勉強会」を発足させたとのこと。

 靖国参拝慎重派が勉強会を発足 「ポスト小泉」具体化か(朝日)
 自民親中派が靖国勉強会 「ポスト小泉」の思惑も(河北)
 「靖国参拝」、自民慎重派が会合(日経)

 これで、党内には先般安倍氏らが設立した「平和を願い真の国益を考え靖国参拝を支持する若手国会議員の会」とあわせ、賛成派反対派両派の勉強会が発足したことになる。

 僕自身は当然ながらいずれの勉強会にも参加していないし ^^;)、それぞれの「勉強」方法などは知らないが、仮にも政治家の「勉強会」という以上、政争上の持論補強作戦会議のようなものにはしないでもらいたいものだと切に願う。

続きを見てみる
posted by Shu UETA at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

郵政改革政局


 郵政改革法案の可否をめぐり、ことは政局問題化の傾向が著しい。
 しかし僕の感慨では、この政局は自民党内の「私闘」に過ぎない。(が、国運を揺るがし得る国賊的私闘行為だ)

 「私闘」と見たくなるのも、まずは本来あるべき国政問題としての議論的部分が乏しい点、さらには賛否両派ともに国民への説明努力は皆無に近く国民との乖離の度合いも高い、一方で造反側の口に上ることの大部分が小泉首相の手法への非難、鬱憤と時期政権への食指ということなのだから、当然だろう。公明党が迷惑がるのも無理はない。^^;)

 僕は政局について論評するのは常々好むところではないのだが、今回の政局は今後の日本の行く末を左右しかねない重大な帰趨をともない得るとも思われるので(そうした意味でも彼らの私闘振りは度し難いものだ)、些か考えてみた。

読んでみる
posted by Shu UETA at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

仏独露語力養成作戦発起


 まことに唐突ながら、フランス語、ドイツ語、ロシア語を学ぶことにした。^^)
 とは言え、会話能力は後回し(目下の要求はないので)、読解力に主眼を。
 ちょうど今年も半ば、一応の目標としては、年内にそれぞれ新聞の社説を自力でそこそこ読める程度になること。

 というのも、
 実は最近、文字通り目から鱗といった具合に、はたと考えさせられたことがあった。
 それは、「現代日本人は英語情報に異様な偏りがあり、江戸時代のオランダ情報のワンチャンネルとさほど変わらない」という言葉に触れて。

 もっとも、心ある人であれば、そんなことを何も今さら、と言うところだろうが、正直、恥ずかしながら僕は今さらながら考えこんでしまった。

読んでみる
posted by Shu UETA at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

(読書) 「道路の権力」


 
 しばらく(いや、かなり?)以前の話題の書。
 何をいまさらと思う向きもあるかもしれないが ^^;)、実は僕も購入は一昨年、ちゃんとタイムリーに入手していたのだが、結局読まないまま昨夜を迎えていた。

 そもそも購入時の動機からして、実はあまり道路公団民営化そのものに対する関心ではなかった。その政治におけるプロセス、生の雰囲気を見てみたかったのだ。したがって、道路公団民営化というトピックスそのものに照らした時機の云々ということはもとより無関係だった。たまたま、優先順位的に次々に他の本に抜かれていっていた。^^;)

 昨夜突如この本に遅ればせながら「順番」がまわってきたのは、人が世に出るということにしばしばあるのと同じように、ひょんな偶然によるところが大きい。
 実はここ最近また、頭のチューニングというか、頭に負荷を与えて研ぎたてるという期間に入っていて、その一環として、とにかく出来うる思考限界速度で本を読むということも項目にあるのだが、その材料本として格好であるなということで選んだものだ。

 雑多にいくつか感じたことを紹介しておこう。

見てみる
posted by Shu UETA at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

イラク憲法制定支援セミナー


イラク憲法制定支援セミナーの実施について、昨日外務省からプレスリリースが行われている。

 イラク憲法制定支援セミナーの実施について

 僕の個人的な感覚では、日本がよりによって憲法制定について他人様にセミナーするなど、その厚顔無恥ぶりには国民としても汗顔の至り。
 僕が他国人ならば、笑止のひとことだろう。^^;)

 せめて主題を民主制度とか統治機構等にしてほしかったようにも思うが、とにかく、これから新生しようというイラクに害毒を注ぎ込まぬよう、あるいはせめて恥を忍んで反面教師になるようであれば良いがと思う。

続きを読む
posted by Shu UETA at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

虚偽を厭わない心情の由来


 ここでも常々話してきたとおり、僕自身は政治的に右であるつもりも左であるつもりもなければ、僕はリベラルだの僕は保守派だのという感覚は全くない。あくまで常に自ら考えるのみであって、結果的にそれが都度都度にあるいはトータルにいずれかに近づくとしても、結果としてそうなるだけであって、僕が思想的に何かに「属する」というつもりは全くなく、むしろそんなことは忌避するくらいだ。
 (その結果論として客観的に自ら観察するならば、多くの議論分野において僕は保守派側に近い部分が、現時点では多いと思われるけれど)

 と、再度前置きとして断った上で(後述に他意はない、悪口のつもりはないというために ^^;) だが、
 以前、このblogのどこかでも、「なぜ左派は平気でウソをつくのだろう」という疑問を提示したことがあった。
 うまい言葉がなく「左派」と取りあえず言ってはいるが、もう少し精密には、特に積極的活動を行う集団や、国家等を指したい。
 「平気でウソをつく」という表現自体、大いに乱暴な言い方かもしれないが、敵意で言っているのではなく、本当に素朴な疑問としてだ。敢えて言えば、左右勢力の戦術選択の差異に対する興味とでも言おうか。

 最近ふと、それは「事実」と「理念」ということに対する重み付けの性向なのではないかと思った。
 つまり、ある人々にとっては、自らの「理念」さえ正しいと信念し得るならば、その崇高さに比べれば「事実」などというものは取るに足らないものであり、利用できるならば利用すればよいものだと、そうした感覚があるのではないだろうか、と。

読んでみる
posted by Shu UETA at 12:10| Comment(4) | TrackBack(2) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

ダライ・ラマ チベット独立放棄


 実にショックだ。
 ダライ・ラマ14世が、チベットの独立をあきらめ、中国との妥協を宣言していたとは…
 恥ずかしながら、今日まで僕は知らなかった。

 ダライ・ラマ「チベットは中国領土の一部」(ロイター)
 なんと3月10日付けニュース いや、お恥ずかしい… ^^;)

もう少し詳しく
posted by Shu UETA at 21:47| Comment(4) | TrackBack(2) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

ショートショート 05/01/21

 時間があるようでない今日は、ショートショートで書いてみます。^^)

 
  • 第2期ブッシュ政権
  • 中曽根氏憲法改正案
  • 護憲市民集会
  • 稲むらの火
  • 共用録画著作権侵害提訴


内容を読む
posted by Shu UETA at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

白川氏の被職質体験

 ちょっと今時間がないんだけど、非っ常に興味深い記事を発見し、ぜひ、紹介したいと思い、取り急ぎご紹介まで。

 忍び寄る警察国家の影

 元国家公安委員長の白川勝彦氏が、渋谷で警察官の職務質問及び不法行為に遭った際の状況及び見解について詳細に記しておられます。当時の姿も再現して写真をupしておられますが、そんなに不審な様子とも見えないのですが…

 ぜひご一読あれ。

 今回はコメントできずすみません。一言いうと、一見大人げないと見る向きもあるかもしれませんが、基本的に僕は白川氏に賛成です。アメリカ的自由主義観も、氏の熱弁するアメリカ法の基本理念とやらも、僕の支持するところではありませんが、こと、今回の白川氏の見解及び行動、懸念には共感、支持します。
 まずはぜひ読んでみてください。
 むろん警察の現場の苦労もわかりはしますが…しかしなんとしても枠(法の適正行使)を逸脱しては、絶対にならないのです。それが国家です。むろんその中で任務を遂行する厳しさのほどは僕自身いやというほど承知しています。が、それをやり遂げねばならないのです。

 取り急ぎ、それではっ

 東京から帰れば追って記事を整えます ^^;)
posted by Shu UETA at 01:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

岡田代表の東南アジア外交

music Truth Hits Everybody / The Police

 民主党の岡田代表が、東南アジア歴訪を終え帰国した。
 分け隔てするつもりはないのだが、どうしても民主党には苦言を呈したくなる機会が多くなっている。
 今回民主代表の「成果」報道を見ると、暗澹たる気分になる。
 理由は、
 1 やはり対自民という観点からのみ政策を考えていて本末転倒
 2 かつ、その対自民戦略が的外れ
 3 海外首脳に対しあまりに稚拙な認識を示して退けられている

 民主代表が東南アから帰国、小泉外交批判は不発に


続きを読む
posted by Shu UETA at 15:22| Comment(2) | TrackBack(1) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

秋篠宮殿下御発言

music dreamers / PERSONZ

 せっかく12月を迎えていながら先月のニュースを参照するのも気が引けるが… ^^;)
 先日の秋篠宮殿下のお誕生日に際しての会見でのご発言は、国民としてたいへん納得のいくものだったと思う。

 秋篠宮さま39歳 ご夫妻記者会見(産経、全文あり)

 「人格否定」発言、「陛下に相談なく残念」 秋篠宮さま(朝日)


続きを読む
posted by Shu UETA at 22:11| Comment(8) | TrackBack(1) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月20日

今日のニュースから

 今朝のニュースから、興味をひいたもの、まだ記事にする以前の当座のコメントがあるような、注目ニュースをいくつか。

  •  江沢民氏引退
  •  在日米軍再編関連
  •  公明、9条は加憲論議で
  •  海外養子あっせんトラブル続発
  •  対テロ「EUに軍民混成部隊を」



続きを読む
posted by Shu UETA at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月10日

NHKの「編集権」

 昨日は、例の職員横領事件等に関してNHK会長の国会への招致が行われていた。
 さほどの興味もなく今朝のニュースバードでの当該報道も聞き流していたが、その中で、耳にヒットした言葉がひとつあった。
 「NHKは、この模様を自らの編集権によるとして、中継を行いませんでした」

 「編集権」…いざという時にいつもNHKが使用する言葉。
 朝からため息をつかされてしまった。

続きを読む
posted by Shu UETA at 07:57| Comment(7) | TrackBack(1) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月15日

終戦記念日

 終戦記念日。
 日本のために獅子奮迅し、結果犠牲となって斃れた多数の先輩方にあらためて感謝の念と将来に向けての誓いを捧げるとともに、ご加護のほどを祈念したい。
 我が家には神棚があるので、これを依り代とたのんで祈念する。
 感性の保持、反省、誇り、継承に思いを致す日としたい。

続きを読む
posted by Shu UETA at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月06日

年金改革関連法

 年金改革関連法の廃止法案は衆院で否決されたが、年金問題そのものについては、今後も引き続き研究、論議していく必要があるだろう。

続きを読む
posted by Shu UETA at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月29日

民主党の限界

 ニュース記事によると、民主党岡田代表は、政権交代への課題として、(1)人材確保(2)政策強化(3)透明性前面に据えた党改革実現、の三点を指摘したとある。
 「次期衆院選で政権交代」岡田民主代表、決意新た
 しかしながらこの見解は、きわめて的外れ、かつ大局的視野を著しく欠いたものであると思う。
 代表者のこのような見解に、私は民主党の限界を感じる。


続きを読む
posted by Shu UETA at 10:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。