2008年03月31日

女子は苦手 >_<)

 さて、僕の塾の春期講習が今日終わった。
 入塾体験会も兼ねていたので、今日は入塾申し込みを受付け開始。

 ところで、ところで、、
 僕は基本的に、女のひとが大好きだ。

 …と、胸を張って言うことでもないと思うけど、胸を張って言えるくらいほんとに好きだ。
 恋愛対象じゃなくても大切にはするし。

 しかし、
 子供の頃の僕は、女子がほんとに苦手だった。

 そしてしかし、
 今になっても 僕は女子が苦手だ〜
 ってことがわかった ^^;)

 前にも書いたけど、うちの塾は小学生対象。

 土日をはさんで4日間の春期講習をやったんだけど、

 まあ4年生くらいまでは、ほんとに子供子供してて、かわいいったらない。
 元気だし よくしゃべるし、脱線もするけど、わからなかったことがわかると、何ともいえないすごいいい顔する。

 5年生の一部から、6年生になると、
 男子はそのまま、子供子供してるけど、
 女子は…なんだか 何かんがえてるか微妙にわかりづらくなってくる…

 こっちを見て女の子同士で妙にクスクス笑ったり、
 あれ、オレなんかヘン?と思ったり。
 なんかバカにされてるのかなと勘ぐってみたり。

 んー 問題簡単過ぎるのか…?
 それともオレ個人の問題? すげえオッサンぽいとか?

 あるいは、
 話しかけても、随分とムスっとしてるみたいで、
 なんでだかわかんないけど えらい嫌われちゃってるな〜
 なんて思わせられたり。

 ずいぶんいろいろ考えてしまったりもするんだけど、

 そして、あー この子たちは通常授業申し込まないかもしれないなー
 なんて覚悟して。

 ところが、
 帰り迎えに来たお母さんと話すと、
 どうもお子さんから随分と気に入られて、4月からも行きたい行きたいって言ってると、毎日ともだちともメールで行こうよって話をしてるって。

 ふえ〜 わけわかんないよ *_*)

 ダメだ 僕は一生 女子のことはわからない気がする…

 もちろん…大人の女性のことならわかるなんて とても言えないけど、それでもまだ「女子」に比べたらっ!

 子供の頃は僕は女子と戦ってる男子だったけど(というか、たたかれてるというか)、今の僕は女子と戦うわけにはいかないわけで。

 むぅ スムーズにコミュニケーションとれる自…自信が…
 いやいや弱音は いかんな。はっはっは。

 それにひきかえ、男子のわかりやすいこと… ^^;)

 やっぱり女性というのは あんなにちびっこい頃から、すでに何か神秘的だなぁ…


 と、くだらない話はさておき、、、

 今回の春期講習は、朝から夕方まで、毎日全学年あったので、
 あらためて、子供の成長ということがリアルに体感できた。

 そのへんを見極める意図もあって、
 たとえば国語の作文の練習で、4コマまんがを使って、そのストーリーを書かせるということをやる上で、あえて同じ課題でやらせてみたりした。

 そうすると、3年生から6年生で、子供の認識力理解力とか表現力が発展していくさまが、ほんとうに実感できた。

 僕はそのへんにも妙に興味が出てきて、なにか定量的なデータ採りでもしてみたくすらなる。

 算数でもいろいろ試してみたんだけど、
 算数(数学)における、具体性を欠いた抽象的操作ということに対する理解についても、(むろん個人差はあるにせよ)そこに明らかな断絶というかラインがあって、リニアな変化というよりは、あるラインをこえると一気に抽象がわかるようになるような感じがする。

 実に興味深い。。。。


 こうしたこととはちょっと角度が違うかもしれないが、
 岡潔さん(僕の大っ好きな数学者、故人)の本で「情緒の教育」という本に、子供の成長過程における事物の認識力や情緒の発展過程が書いてあったのを思い出した。

 この本を僕は持っているんだけれど、どの箱に入ってるか、今すぐに取り出せない状態で…ここに紹介できないのが残念。


 こうした関心で子供たちを見ていると、
 ひとつひとつの何気ない発言までがとても興味深く、僕の脳内データベースに蓄積されていってる。

 またなにか思うことがあれば、ここで開陳してみたい。


 しかし…ほんとに子供ってやつは かわいいな
 小っこい後輩たち

 僕は彼らに、カッコいい大人になってほしい。
 引き出しの多い大人になってほしい。
 純粋に机上的な勉強だけじゃなく、そうした一助もしたいと思ってる。



posted by Shu UETA at 19:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様ですっ。
たいへん、いい仕事ですね。

それにしても、女のひとは好きだけど女子は苦手!というのは失礼ながら面白いですね。お気持ちはとてもよく分かりますが(笑)

こんどスカイプでお仕事のお話も聞かせてください♪
Posted by 暁 at 2008年03月31日 21:09
高学年の女の子・・・わかります。
そっけなかったのに残ってくれたり、楽しそうだったのにやめちゃったり。さっぱりわからんことだらけです。四年くらいで充分神秘的な子もいますよね。五里霧中です。

お忙しいとは思いますが、近いうち飲みながら色々お話できれば嬉しいっす!

Posted by takesako at 2008年04月01日 19:28
> 暁くん

 いやぁ…想像つくことない? ^^;)

 まあ…今は小っこい女子たちも、将来素敵な女性になってくれればいいなと思うよ。
 女性がしっかりしてれば国はしっかりするからね。

 そうだね。Skypeなぞできる時があればいいね。
 忙中閑ありってときでもありそうなら知らせて。

 ところで、ここに今もう一人コメントくれてる takesako さんは、なかなか興味深いひとなんだ。
 まだあまり話せてないんだけど、かなり直感にピンときてる。
 いずれ紹介できる機会でもあればなあと思ってる。(本人の了解が得られれば、blogとか知らせたい)


> takesakoさん

 やっぱり?そうですよね?
 五里霧中とは正に言ったり。あははは

 飲み会どうなんですかね。設定がなかったら、いずれ勝手に企画しましょう。^^)

 ところで同上、暁くんというのは非常に頭の切れる有為の若者なんですが、今は東京で学生をやっているので、いつとはいえませんが折あれば引き合わせたいと思ってます。
 さしあたり、差し支えなければmixiのページなぞ紹介したいですが。
Posted by Shu at 2008年04月01日 20:52
頑張ってますね(^^)

覗いてみたら復活していたので嬉しかったです。

それにしても、高学年とはいえ小学生の女の子に色々と考えさせられているShuなんて....

読んでいて思わず笑っちゃいそうになりましたよ。

まぁ、でも分かります。その気持ち。

それと、後半の子供達の成長ぶりについて...

ホント子供の成長って凄いですよね。
子供の成長を時速100kmとすると、今の自分は...10kmも満たないような気が...(^^;
Posted by hiro at 2008年04月05日 00:39
自分で何を書いてるのかいまだにわからん状況ですが、私なんぞの駄blogでよろしければ、いつでもお立ち寄りください!・・・と暁さんにお伝えください。アドレス付けておきました。mixiの方でもよろしくお願いいたします。

飲み会は・・・そうですよね、飲みたい人同士で開催するのがイチバン自然だと思います(笑)。勝手に企画しましょー!
Posted by takesako at 2008年04月05日 12:30
> hiro

 あれ?言ってなかったけ。
 またblogも書き始めたよ。
 当面ライトな話題でね ^^;)

 いや、でも本当、子供は早いっ!!
 暗唱やらしてるんだけど、これがまた覚えるの早いったら。
 こっちは常に背水の陣てカンジ。記憶は得意なんだけど、彼らには敵わないな…


> takesakoさん

 ありがとうございまっす
 暁くんには早速知らせましたっ

 歩く会?散歩考究の会?についても興味示してましたよ ^^;)

 いずれ紹介します

 飲み会は、近々やりましょう
 別便で連絡しまっす
Posted by Shu at 2008年04月06日 03:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。