2005年10月24日

恋愛診断?


 ポリティカル・コンパスならぬ、ちょっとした恋愛診断、なかなか面白かった。^^;)

 ひとのblogで見つけたんだけど、ハニホー!ってサイトで、行くといくつかメニューが並んでる。

 僕がやってみたのは、最初にある「出会いと別れ」、それから少し下にある「恋愛頭脳」。

 「出会いと別れ」とやらは、多少入力が面倒なんだけど、過去につきあった相手と期間を順に入力しながら、質問に答えていく。すると、結果が表示されて、随分痛烈な評に思わず笑わされる。

 「恋愛頭脳」は、一定の評価基準があるわけではなく、恋愛観に対する回答者のデータが蓄積されていて、そうしたデータをもとに、世間の平均からのズレをみるというもの。(ポリティカル・コンパスならぬ…というのはこちらのこと)



 で、この診断結果は、閲覧用のURLが発行されて、そのURLを人に教えて人に見せることもできる。
 僕のもたいそう面白いんだけれど、さすがにここに公開するわけにはいかない。^^;)
 親友の一人には、笑えるから見てみ、って送ったけれど。

 「出会いと別れ」とやらの診断結果では、
 経験値はバロメータの9割へん、愛情は100%近く、なのに「女性を見る目」がほとんどゼロ近く。
 なんでだっっ --;)

 評は、辛口コメントとフォローコメントがあるんだけど、
 その辛口のヤツは、
 「一人で選ぶとろくでなしばっか掴んじまうから、付き合う前に誰かに相談しな」
 だの
 「恋愛経験豊富なくせに女を見る目がないって、今まで何を学んだんだか…」
 などと悪口雑言する始末。

 いや、このへんはそう適当な診断とも思えない(と、思うのは自分だけかもしれないが… ^^;) ので、まあ大いに笑って面白かったんだけれど、しかし、個々の相手に対するコメントはなかなか的を射ている点も多々。
 ま、自分で回答したものをもとにしてるんだから、当然といえば当然だが。

 診断の正確を期すには、まず何より、最初に設定する「恋愛において何を重視するか」というところをいかに適切に設定するかにかかっていると思う。それが全てのモノサシとなって診断に使用されるだろうので。
 僕はわりと適当にやったところもあるので、次にやりなおせばまた違った結果にもなり得るのかもしれない。

 ただ…若すぎる人には、あまり面白くないかも。
 ある程度の数と、個々のつきあい期間がないと、データというほどのデータにもならないだろう。


 が、「恋愛頭脳」のほうは、誰でもそれなりに「へ〜」って思えて楽しいかも。

 絶対基準ではなくて、世間の平均的意識との比較という点で、ふ〜ん、て思わされる。

 ちなみに僕の場合は、こんな具合 ^^;)
 (サムネイルなのでクリックするとでかくなります)

 ren ai.jpg

 いきなり「中学生レベル」かよ --;) あははは。
 まあ、恋愛レベルではなく、恋愛「観」レベルということなら、まんざら不本意でないかもしれないけれど。^^;)

 まず上から三つはそれなりに納得だけど、
 ルックスで外見重視側に「変」と評されるほど世間とズレているのかっ と、びっくり。

 こう外見重視と内面重視で対立項にされてしまうと、なかなか苦しいものがあるけれど、むう…たしかに僕には相手の外見も非常に重要(だって恋愛だよ?ただし自分の好みで)だけど、内面を軽視する傾向は全くないんだけどね。^^;)

 「安定と刺激」は… 安定志向であるつもりはないんだけれど、ふむ、しかし恋愛に関してはそうでもないのかなあ。微妙。そちらでは安定していたいという気持ちもないではないか…
 しかし、納得…まではいかないかな。「変」とまで言われると ^^;)
 世間はさように波瀾と冒険を志向しているのか…

 駆け引き重視なんていうと随分聞こえが悪いな。
 もちろん、なんとかするためには駆け引きはするけれど、これほどズレてるのかな。むう…苦労が多かった故か。

 「許容と束縛」では「変」を超えて「極端」との評をいただくほどに「放任」に偏っているんだけれど、これもちょっと意外。
 しかし僕の場合は、実のところは焼きもちやき傾向が強くて、自分でそれがイヤで仕方がない故の無理しての「放任」というのが、実際のところ。


 くだらない記事でした。^^;)

 が、くだらないんだけれど、しかしそこそこ面白い。
 お暇な方はぜひ一興まで、どうぞ。^^)


posted by Shu UETA at 13:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4日前になりますが、この記事をみて
僕も彼女と診断してみましたよ。

「出会いと別れ」で、
いままでの恋愛を思い出すのが
ちょっと辛かったです。
僕は反省して教訓を得たら、
昔の彼女のことは
忘れようと(忘れたいと)思うタチなので。
それもあって、彼女に恋愛歴を見せるのに
ちょっと躊躇してしまいました。

ところで、Shuさんの「女性を見る目」の評価ですが、
それって、誰のいいところでも見つけてしまうから、
ひとを切り捨てない分、
選ぶ目がないと評価されてしまうのではないかと思す。
Posted by jk at 2005年10月28日 15:29
> jkさん

 「躊躇しました」というか…彼女に見せれるとは、すごいですね!
 注意書きにも、彼氏や彼女と一緒にやるのはやめましょう、なんて書いていましたが。あははは

 僕自身は、今が一番なら満足するほうなので、見せられてもokですけど。

 しかし、たいへんポジティブなフォローをありがとうございます。^^;)
 そうありたいと思います
Posted by Shu at 2005年10月28日 15:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。