2005年10月17日

(Marines) やっっったあっ 初優勝っ!!!!


 やっっった〜
 Marines初優勝だっ!!!!!

 初じゃないだろうって?
 「マリーンズ」の優勝は初なんです!

 僕は長くオリオンズファンとして応援してきて、もう一度伝統のオリオンズの優勝を見たかったんだけど、それは果たせなかったっ
 でも、マリーンズという新しい名前になったときから、新しい気持ちで応援してきたっ

 そして…そのオリオンズ時代からの初芝、今季引退の初芝が、逆転の足がかりを作った!
 優勝の瞬間には、初芝がちゃんとサードの位置に!
 まさに、オリオンズからマリーンズに、今こそ、本当に時代が手渡された!
 これからは「マリーンズ」が栄光の伝統をつくっていくぞ!

 落ち着いた分析記事等は、追ってまたっ!→(05年パ・プレーオフ
 (J SPORTS3で祝賀会を見ないといけないっ ^^)

 やったっ!!!!

 Marines01.jpg

 Marines02.jpg

ps しかしやはりホークスは強い。マリーンズ対ホークスは、最高の試合になる。来年も良きライバルたらんっ!



posted by Shu UETA at 21:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 千葉ロッテ/sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>Shuさん

おめでとう〜!!!やったね〜!!!
逆転したときには涙がでました〜。(うるうる)
すっごく、いい試合でした!感動です!
今夜はいい夢がみられそう・・・。では、また!
Posted by Aya at 2005年10月17日 23:13
> Ayaさんっ

 やったあっ
 ありがとうございますっ
 今日もギリギリの好試合、Ayaさんも応援してくれたおかげで微妙なシーソーを傾けれたかもしれませんねっ
 来年からも、一緒に応援しましょうっ!!! ^_-)v
 (いや、できれば日本シリーズもっ)
Posted by Shu at 2005年10月17日 23:20
ほんとうにおめでとうございます!!!!
Shuさんのおかげで,ぼくも一時的ロッテファン?になったので,愉しめました。

以下,muto先生の日記と重複するのですが,8回の先頭打者の初芝のゴロに対して内野手同士がぶつかって内安打になったのをみたときに,「ロッテ土壇場で逆転勝ち」という「物語」(雰囲気)が顕在化してきたように感じました。おもしろい試合でした。

それにしても,31年ぶりというと,僕が生まれた頃ですから,その間晴れの日も,雨の日も,風の日にも,1度もなかったことなんだと思うと,すんごいことだということがわかります(^_^)。

日本シリーズで「阪神VSロッテ」というカードが生まれるなんて,5年前には誰が予想したでしょうか(笑)。その意味では,5年あれば,時代は大きく変わることもあるもかもしれませんね。

ちなみに,最近,ぼくはロッテリアに張ってあったポスターをみて,ガムの「ロッテ」と,「ロッテリア」と,「千葉ロッテマリーンズ」が,同じグループだったということを知りました。うかつすぎました(笑)。

勝利の美酒を!
Posted by たけぞう at 2005年10月18日 01:41
> たけぞうさんっ

 はいっ
 ありがとうございますっ

 たしかに、初芝の内野安打は重大な転機でしたね。
 勝負は紙一重、を実感させるところでもありました。

 31年…長いですね。
 僕は小学校の頃からロッテファンでしたが、さすがに優勝の頃自体は見てなかったので、まさに感激です。

 その長い期間、有藤道世、村田兆治や落合博満、伊良部、小宮山、黒木と名だたる選手を輩出しながら、ついぞ優勝に縁がなかったものでした。
 首位打者だけでも他に、高沢、西村、平井、福浦といたものですが。

 しかし僕がうれしいのは、その長い間、オリオンズの頃から、ついぞロッテのチームカラー、雰囲気が変わらなかったことです。
 良く言えば野球を楽しむ、仲良し、明るい、気がよい、スマート、せちがらくない、
 悪く言えば、厳しさを欠く、仲良しクラブ的ともいわれてきましたが。
 弱かろうとも、そこが好きだったので。
 それを保ったまま、強くしてくれたバレンタイン監督に本当に感謝です。^^)

 僕はスポーツからは実にさまざまなことを学ぶのですが、自分でやるのはもちろんとして、それ以外にも、観戦ということで非常に多くを得ることができると思っています。
 したがって、僕にとって僕の俗っぽさは大きな利点のひとつでもあります。あははは(ファンでもなければとてもシーズン通して観るエネルギーが湧きませんしね ^^;)
 読書で他者の経験を通じるのと同様、観戦は疑似体験、思考のタネの宝庫ですから。

 ともあれ、「臨時」応援ありがとうございますっ
 (でも、楽しんでもらえましたよね? ^^;)

 なんなら、来年は千葉マリンにもご一緒してみますか?
 マリーンズは応援も独特で楽しいんですよ。ロッテファンというより、ロッテの応援ファンになってしまうひともいます。^^;)
Posted by Shu at 2005年10月18日 02:31
>(でも、楽しんでもらえましたよね? ^^;)

はい,おかげさまで「臨時」ながらも「思い入れ」ができたので,おもしろかったです。

>なんなら、来年は千葉マリンにもご一緒してみますか?マリーンズは応援も独特で楽しいんですよ。

はいっ,是非お誘いいただければと思います。

でも,考えてみると,プロ野球観戦って1度もしたことないです(ロッテは31年で1回優勝したので,それ以下の回数ということになります)。

何かの熱烈なファンになったこともないような(-_-;)。この性格なんなんでしょうね。

1生に1度ぐらいはプロ野球観戦なるものをしておきたいと思いますので,機会があればお誘いください(^_^)(いつもしない行動パターンから得る洞察はけっこう多いので,愉しみにしております)。

ではでは。
Posted by たけぞう at 2005年10月18日 17:16
> たけぞうさん

 では、来年はきっとご一緒しましょうっ ^^)v

> いつもしない行動パターンから得る洞察はけっこう多いので

 同感です。

 ふと思ったのですが、僕も考えてみればファンになるほど思い入れるものって少ないんですよね。
 野球のロッテ(子供の頃は大洋も好きでしたが)と、音楽のThe Policeの二つしか思い浮かびません。
 他にもスポーツ観戦は好きなんですが、サッカーも代表選しか見ませんし、アメフトは一応好きなチームは3つほどあるのですが、思い入れには至らない(3つという時点で既にそうですが)し、芸能人には「お、いいな」はたくさんいても、ファンにまではなったことがないし… 

 ふむ…なぜ野球は格別に思い入れが生じているのか…ちょっと自己分析の興味が出ました。(僕は野球部出身ではないですしね、どころかむしろ小、中サッカー部と、高校剣道部&なんちゃんてテニス部でした ^^;)

 おもしろい… 考えてみよう ^^;)、と思いました。
Posted by Shu at 2005年10月18日 22:53
> たけぞうさん

 追記です。

> 8回の先頭打者の初芝のゴロに対して内野手同士がぶつかって内安打になったのをみたときに,「ロッテ土壇場で逆転勝ち」という「物語」(雰囲気)が顕在化してきたように感じました

 現場指揮官としてバレンタイン監督も、やはり同じことを感じていたようです。

 勝利を感じた瞬間は?との問いにたいして、

 「初芝が内野安打で出塁した時に、我々は勝つんだと位置づけられていると思った。」

Posted by Shu at 2005年10月19日 17:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。