2005年09月16日

民主党の「総括」


 本当に毎日民主党に触れていて我ながら苦笑いだが…
 しかし現に現在最も注目に値する事項のひとつが、民主党の新体制と、(もしやるなら)改革の行方であるので、僕とてことさらの関心をもつのはやむを得ない。
 こうした世間の関心を惹き付けている「今」という時期をも、民主党には大切にしてもらいたいものだ、まさにメディア戦略的にも。

 雑感としていくつか
 1 総括は無理そう
 2 前原氏もリーダーとしては期待薄か
 3 アンチ巨人ではなく阪神になれ


 ここ数日来僕が非常に注目し、ある程度は期待もしていた、選挙と岡田体制の反省分析ということについてだが、昨夜今朝といくつかの報道(テレビ)に議員総会の様子を見たところ、実に期待はずれ、ただし「期待」を「予測」という意味に使うならば「期待値」どおり、およそ「分析」や「総括」ということとはほど遠く、個々の鬱憤晴らしの場以上のものではないようだった。(ああした場面を映像で国民にさらすのはマズいな〜、マイナスだ…議員個々に自覚が足りない)

 議論などでは全くなく、議員が順番に言いたい放題をぶつけるだけ、言いっぱなしの時間が設けられただけで、鬱憤晴らし、ガス抜き効果としての意義と、強いて理性的な可能性を言えば、陣営によっては意中人物の決心までの時間をできるだけ稼ごうという作戦くらいか。

 とくに選挙総括のための委員会的なものが設けられるわけでもないし(執行部総辞職なのだし難しかったか)、どうやら「総括」フェーズは昨日のあのイベントで終了なのだろう。
 (代表辞任はともかく、執行部は次期代表決定までの間、党務をとりまとめてもよかったのではないかと僕は思うけれども。これは正論においてだが、そうでなく仮に政局的見方においても小沢氏擁立を期するグループなどは、それを強く主張するという手もあったろうし、それは鳩山氏周辺から声してもよかった)

 まあしかし…了解っ、そうなったら、とにかく新代表を決めてしまって、あとは新執行部での真摯な分析を待つということにするしかないな。

 その鬱憤晴らしで予定時間を大いに超えて(前述したとおり、むろん作戦的意味を求めた集団もあるだろうが)、後に予定されていた懇話会も中止になった。
 しかし時間オーバーとはいえ16時台には終わっているのであって、時間の問題というだけのことではなく、雰囲気的に懇話会などというムードでなかったのかもしれない。(テレビで総会シーンを見たひとは、雰囲気の悪さ振りをよくご存知だろう)
 加えて代表選挙に向けての水面下での丁々発止の戦いもはじまっている。

 こうした分裂的状態になってはならないと、僕も心配してきたのであるし、党内では当初から鳩山氏、小沢氏らがおそれてきてもいたのだろうが…
 これで新代表が選出されても果たしてどこまで指導力が保障されるか…心配ではある。
 (もともと民主党のひとたち(支持者含む)というのは、選挙で戦ったとはいえ結果的に選ばれたものを尊重するという姿勢に欠けるきらいが、ただでさえある。自分が支持したわけではない、と。それは国の総理大臣に対する形式的儀礼においてもそうだし、他国に赴いて自国宰相を悪口するということも普通に行われる体質がある。本来それは多分に反民主主義的心性だが…)

 さてちなみに「反省」といえば、フジテレビが行なった民主党議員へのアンケートでは、ここにもまたくだらないものがいくつか紹介されていて、ますます脱力感にさいなまされた人もいるだろう。

 反省事項としてたとえば、笑顔が足りなかった、日曜の朝のテレビでもっと明朗快活にすべき、岡田代表の三白眼は評判が悪かった、進学校のホームルームのような雰囲気を一掃して、もっと泥臭く、、、なんてことが(本人は真摯なのだろう)所定の欄に書ききれず、はみ出してまで懸命に書いてある。

 いや… もちろんそれらの個々はどれも全く影響がないことではなく、それぞれにふさわしい次元のテーマにおいては意味のある反省ともなり得るのだろうとは思うのだが、党として反省すべきは何かと問われて端的に回答するにあたり議員が答える次元のことではあるまい。
 しかし、「選良」たる議員の、立派に一人なのだ、この回答者とて。

 余談だが、優等生風なんてことは、僕に言わせれば民主党のような党にはつきまとうもので、ことさら気にしても始まらない面はあると思う。一応リベラル政党ということだし、リベラルといえば世界的にどこでも批判派からは同じようにケチをつけられているものだ。米民主党とて同じ。そういうことは気にしても始まらない。
 (違う意味での「優等生風」ということについては後述)



 さて新代表の候補者としては、(いま書いている時点では)既に名乗りを上げているのが、前原氏に菅氏、あとは小沢氏がどう決心するかだろう。(他の若干名は推薦人をそろえるのもキビシかろう)

 前原氏は若手中堅グループを押さえている。
 菅氏は自身のグループと、これに加え横路氏の旧社会党グループ。
 小沢氏がもし出れば、氏のグループに加えて鳩山氏のグループ。
 この場合、小沢氏に落ち着くのではと僕は思うが…

 ただし小沢氏が出ない場合は、氏が支持する候補者が勝つことになるだろう。その場合は前原氏ではないか。

 この中のいずれの人が代表となっても、僕が以前から書いてきたような方向にはなかなか進めそうにないので、僕としてはこの候補者たちの中で特に希望はないが、あえて言えば、菅氏には横路氏がもれなくついてくるということで ^^;)、よりマズイかもしれない。

 小沢氏は、さすがに簡単にリベラルとは言いにくい立場の党内巨魁であって、さすがに横路氏も菅氏についているが、しかし実際に小沢氏が代表になれば、小沢氏はこれまで通りに横路氏とは妥協を重ねていくだろう(党内融和というか一枚化に力を入れているのが近年の小沢氏なので)。
 もっとも、今回の選挙等を総括した結果、氏も僕に近いようなことを考えているとすれば、その限りではないかもしれないが、氏のここ数日の発言にも、あくまで「自民党に勝つ」こと、そして「次の選挙」ということが強く念頭にあるようなので、やはりその線は薄いだろう。

 すると消極的選択によれば前原氏が比較的期待できるような気はするが、そして過去の(党運営に関わる)実績がないために予測し難い面はあるが、ただ、やはり党内運営は難しくなるかなという気はする。
 党内一枚岩で氏を推すというのならともかく…いや、それでもスタートすれば容易に分裂気味になりそうだ。

 個人的には、前原氏はむしろ官僚に向いているタイプで、あるいは政治家にせよ、優れた実務家タイプ、幕僚タイプであるようにも思える。(あくまで個人的印象、しかも現時点での。将来評価を変えることはもちろんあり得る)
 石田三成は優秀でないということではなく、それどころかきわめて優秀であったと思うが、しかし何において優秀かという「タイプ」ということはあるだろう。

 また、立候補の際の声明には引っかかる点も多く、政治家としての本質にもあまり好意はもてない。(ただしこちらについては僕が特殊であって、多くの人は十分納得がいく話ではあるだろうけど)

 その声明では、「民主党の再生は日本の民主主義再生の唯一の道だ」とあるが、要するにそれは「二大政党制」こそが(だけが)理想的民主主義ということだろう。お手本は米英、と。

 そして「再生」というからには、過去の時点において何らかの理想的民主主義が存在した(もしくは単に民主主義が存在した、そして今は無い)ということだろうが、それは何を指しているのか。
 戦後GHQが「日本の民主主義的傾向」と指摘したような戦前の大正デモクラシーのようなものでは当然なく、察するに、単に今回の民主党敗北以前の状況、議席の多い民主党があった状況を指しているのだろうとしか考えにくい。
 民主党が数ヶ月前の大勢を得れば民主主義が再生などとは、実に都合のよい話だ。

 ちなみにこうしたことは一方で菅氏も、「民主党を立て直すことで今の日本の三分の二の与党体制、いびつな民主主義をもう一回正常なものにして政権交代につなげていく」

 少なくともこういう面においてこそ、彼らは抜きがたく「優等生」タイプなのであって、現実を見て自分で何ものかを思考し生みだしていくのではなく、お手本、教科書の枠からは外に出れないタイプかもしれない。そこでは容易に手段が目的として神聖化されもする。(これはいわゆる教養人の一般的傾向でもあるが)
 最高に優れても武田信玄であって、織田信長にはなれないタイプだ。(信玄なら十分じゃないかという声もありそうだが ^^;) ちなみに岡田前代表の尊敬する人物は織田信長とのこと)

 逆説的でおもしろいが言葉遊び的に、
 保守主義ということと、人間のキャラクタ的性向でいう保守的ということは全く別だが、日本では保守派よりも革新派リベラル派のほうが思考態度においては相当に保守的ではないかと僕はいつも思う。おもしろいな、と。

 先人の知恵は先人の時代のもの、その当人たちとて今同じことを思考結論するとは限らない。
 優等生や教養人がお手本とする国や制度とて、民主主義思想の長い歴史の中の経過点に過ぎない。また、国や環境によって発展の道はそれぞれに採り得る。常に目的として掲げるべきは、手段ではなく、その民主主義思想なるものが何を理想としているのか、だ。
 (次元をもうひとつ上げれば、その民主主義思想とて、さらに大きな目的の手段に過ぎないが)

 そうした哲学的思索を、政治家はもたねばならないだろう。官僚に求められるものとの重大な差のひとつでもある。

 また政治家というからには、民主主義云々よりも(だけではなく)国家の舵ということがより重大に関心されるべきだが、昨今の民主党に(個々の実際はともかく少なくとも印象として)最も欠けているのはそれではないかとも思わされる。
 ともすると彼らの目的は国家の進む道云々ではなく、二大政党制の実現こそが目的であって、なぜならばそうでないと正しい民主主義ではないから、そしてそのためには政権交代がなければならない、であるから選挙で自民党に勝って政権をとらねばならない、そうすれば日本は晴れて「正常な民主主義」国となって万歳万歳、と。

 政策を工夫するのも、日本のためというよりは、自民党に勝つため(有権者の評価を得るため)に努力しているように見える。だから、偶然自民と一致、なんてことはあり得ない。

 今回の議員総会では「ちゃんと国民を向いていなかったのではないか」ということを口にする議員もいたが、僕に言わせれば、「国を向いていない」とこそ思われる。何を向いているかといえば、徹頭徹尾、自民党である。

 そして前原氏はこうも言う。「民主党の再生は戦う集団に変えていく、この一語に尽きる」と。
 戦うというのは、何だろう? 何と? 何を?
 ここにも別の本末転倒が見えそうなので深入りは止しておこう。^^;)

 いや、僕は二大政党制を批判するつもりはないが、そればかりを奉り過ぎじゃないかということだ。
 「いびつ」と言うが、それは自分がお気に入りのあるひとつの類型に照らしてのことだろう。
 投票した国民の一人として言わせてもらえば、実に大きなお世話だ。^^;)
 意識的なつもりはないのだろうが、国民の判断をいびつだと言っているような、そういう言い訳がましさがダメだというのに…

 もう選挙は済んだ。だから僕が民主党を批判するのは、自民の肩を持つためではない。日本のために、僕なりに民主党にはしっかりしてもらわねばと思う故だ。

 急がば回れとも言うが、政治家の本質に立ち戻って、自民云々ではなく、ただ日本のために良いと思うことをじっくりと研究し、提案しという姿勢を涵養してほしいと思う。
 性格の弱いというか周囲が気になってしかたがない競走馬にはブリンカー(遮眼革)をつけて前しか見えないようにしてやるが、僕は民主党にもしばらくこれを着けてもらいたいと本当に思う。しばらく自民のことは忘れろ、と。腰を据えて政策をやってみろ、と。

 そうしたものはちゃんと国民に徐々に通じていくはずだ。

 ただ、僕は日本のために民主党に苦言すると言ったが、日本のためではなく民主党のために考えてみると、哀しいかな反自民の継続のほうが次の選挙では有効に作用する可能性も高い。今回の大勝で自民が得た議席は、期待からの喪失感によってこそ大いに流れ出し得る。(第一、大敗とはいうが、議席はともかく票数では自民も1.3〜1.4倍程度でしかない)
 だから新しい民主党代表、執行部もそうした戦術を安易に採用しそうで不安だ。(いま見る限り、前原氏も菅氏も小沢氏も皆そうだろう)

 前にも書いたが、しかしそれで得る議席は本質的な民主支持として永続しにくいのだ。前回の風と今回の風、そうしたことを繰り返していてはならないということに思いを致してほしい。
 自民か反自民かという投票心理にピリオドを打とうとすることこそ、民主党百年の計というものだ(百年はちょっと長すぎるけど語呂がいいので ^^;)

 お手本の米国だって、民主党は反共和党というおこぼれ頂戴政党ではないだろう。せっかく二大政党というならば、そこまで求めてほしい。
 アンチ巨人も巨人ファンのうちという言葉があるが、いま民主党がやっていることは、結局巨人しかない、自民しかないということだ。そうではなくて、自ら阪神にでもならないと。

 僕は本当に、切に願う。
 (だがどうやら叶いそうな雰囲気でもない。残念だ)


posted by Shu UETA at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。