2005年09月12日

民主党への提言(前)


 体質的に革新色の強い神戸圏だが(進歩的ともいう ^^;)、なんと今回の選挙では市内全選挙区はもとより、兵庫県12選挙区が全て与党勝利ということで、郷土有権者の賢明振りに僕は非常に満足している。
 固定的支持が一党に偏るということはむろん健全とは言い難いが、今次選挙については、そういう結果ではなく、むしろ浮動層の選択の結果としてたまたま今回はこのようになったということで、かえって(前述したとおり革新系体質の強い)この土地の有権者が適切に行動を選択し得ることを示したという点で、実に健全だと思う。であれば当然ながら、次の選挙ではまたわからないのであって、与党が気を抜いてよいわけではもちろんない。

 さて、惨敗(と言って差し支えなかろう)を喫した民主党について、いくつか提言したいと思う。
 もっとかっちりした形のものは何らかのルートで実際に党に提言したいと思うが、今日はさしあたりblog的ノリでざっくばらんにまずはここに紹介しておこうと思う。

 主旨は、先鋭野党化は×、今こそ政権準備党らしさを考え直せ、反自民の卒業、党内整理を、といったところ。


 いわゆる敗因については、方々いたるところでさまざまに分析されているところだろうし、今さらの観もあるので、僕は多くを述べるつもりはないが、特筆したいことに絞って数点を。

 ただし、敗因といったものを考えるにあたっては、(当たり前ではあるのだが)自分に「都合の良い解釈」ということを厳に戒め、虚心で事実を見ることが必要だ。そうしたことの難しさ故に、一般的にはむしろあえて自分に都合の悪い解釈をしてみようと努力するくらいの姿勢が求められるのが普通だ。
 もう選挙戦は済んだのだから、無理に強がりをいう必要はない。

 岡田氏は昨夜最初のコメントでは、「権力は簡単に動かない」「それを動かすエネルギーが不足していた」と述べていたが、(従来の野党党首の敗北の弁よりははるかにましではあるけれども)しかしまだ足りない。
 今回選挙での有権者の行動は、政権の権力云々ということとはほとんど関係あるまい。なにしろ、従来民主に投票していた人々の大部分の層はむしろ政権側というだけであまり親近感を持たないような層だろう(神戸っ子などまさにそうだ ^^;)。その人々が大きく与党に投票したために民主は大量の現職議席を失っている。
 「エネルギー」ということについては、見方はいろいろだろうが僕個人の見るところでは、むしろエネルギーの不足ではなく、エネルギーの向きの問題、つまり量よりもコントロールの問題ではなかったかと思う。エネルギーでは民主党は十分な力がある、今後それを損なわないよう願うばかりだ。

 西村眞吾氏は選挙区敗北の弁(毎日放送)で、今回の敗北は大衆的な動きの結果であるとして、自民は風に乗っただけであり、ただ風に乗ったに過ぎないものは風がなくなれば落ちるものだと述べていた。自分は国家政策の観点で十分に話をした自信がある、とも。
 冷静な人であれば、これを聞いて微笑ましく思うことがないだろうか?だって、風に乗ったに過ぎないものが、風がなくなれば落ちるだけ、とは、まさに民主党のことではないのか、と。(ひえ〜っ、なんときわどいことを、と僕は思わずひいた ^^;)

 いや、僕は皮肉を言って西村氏や民主党を揶揄したいわけではない。そうではなくて、風と形容しようがなんだろうが、やはりそれは謙虚に受け止めなければならないのだよ、ということだ。もちろんこれは民主だけではなく自民とて同じ。
 もうひとつは、国民(有権者)をバカにしてはいけないということ。敗北の弁には得てして多いものだけど(その点では与党党首敗北の弁はたいてい余程ましだ)、どこか国民を愚弄する論調がしばしばある(意識的ではないだろうが)。

 言外に国民の無理解を指弾し、選挙で負ければ大衆呼ばわりですか、ということはままあるのだけれど、そして僕は人並み以上に日本の有権者の大衆性を了解しているし、必ずしも成熟していないことも認めているけれども、しかしそれを織り込んで選挙は戦う、もっと言えば、大衆であれなんであれ、彼ら国民にわかるように説くのが政治家もしくはそれを志す者の義務であって、自分を理解しないことを国民側の無理解として不満にするのは筋違いであるし、何より、一歩間違えば本当に有権者を敵に回すような発言にもなり得る。
 自分の良さをわかってくれない相手が悪い、なんてことは、ストーカーでも言いそうなことではないか。
 そして何より、こういう心理からは真に有効な反省は得られまい。それは自身のためにもならない。


 で、いくつか反省事項として特筆しておきたいことを。

 まず、
 今回の選挙を、単に小泉総理のイメージ選挙ととらえて済ましてはならない。済ましてはならないというより、そうした見方は間違っている。
 いや、間違っているというのも語弊があるが、戦術としてのイメージ選挙的手法ととらえるのか、結果としてのイメージ選挙的性格ととらえるのかの差は大きい。

 今回の小泉総理、自民党の戦いは、信念の表明が結果的に戦術視されている部分が大きい。
 郵政一辺倒という単純化も、単純化戦術ということではなく、実際に「郵政改革こそが」という小泉総裁の信念の表出に他ならず、今回の解散が現にそれを問うべき解散であったことに基づく。
 「刺客」と表現された候補者擁立も、全国民が郵政の是非を選択できるよう全選挙区に候補者を立てねばならないという信念は実にスジの通った、政治の本道を踏まえたものだ。
 (もちろん選挙戦である以上は自民党もさまざまに戦術を駆使したが、しかし根本的なところはほとんど戦術などという次元ではないところから発出している。それは信念の次元であり、あえて言えば戦略の次元だ。しかしそれらが結果的に戦術的にも有効に作用した。この順を取り違えると状況を大きく見誤るだろう。)

 このあたりを単に小泉劇場であるとか、劇場型政治を憂えるとか、イメージ戦術で後れを取ったとかといった程度の認識で済ませていると、反省に失敗する。

 郵政一本槍も、それを単に戦術と見るが故にそれとまともに取り合わず、別の論点で戦って土俵を移そうとしたり、総合的政策で戦うべきだと批判に終始したりということにもつながった。


 ここで次に、郵政選挙ということに関してだが、
 民主党は終始、郵政選挙という本質を見損なっていた。
 近年の民主党はきわめて従来型野党的性格を強めていたが、故に、与党側が何を言っても何を行なっても、自動的反射的に批判するというスタイルに近づいていたし、この解散についても、まずそれをおかしいと非難し、選挙運動中には郵政選挙化を非難してきたが、ここで僕も書いてきたように、今回の解散は、制度の精神に照らして十分に理のある解散であり、その解散の意義があらためて民意に郵政改革の是非を問うものであったのは、冷静に経緯を見れば否定しようがない。それは一般的国民の誰しもが感じていたことであり、むしろ素朴な常識感から遊離したいわゆるインテリ層の一部や民主党のほうが、現実をきわめて恣意的に見ていた、いや現実の解釈は一定であり得ないとしても少なくとも民主党が国民一般の感覚からは遊離していたとは言えるだろう。

 民主党がとった戦術のひとつ、郵政より他にも大事なことがあるという視点は、十分に国民に理解されていた。世論調査でも、年金問題がいちばんの関心という人々は多数派なのだ。しかし、そうした人々からも多くが「だけど自民党に」投票している。
 (一例:自民へなぜ投票…「小泉流の決断に賭けた」

 民主党には、郵政選挙を郵政選挙として戦う方法(本来は正道)と、敢えて郵政選挙を郵政選挙ではなくしてしまう方法(実際に選択された方法)とがあったが、後者には相当の材料があるかもしくは国民への郵政選挙浸透度が低いという状況が必要だった。

 このあたりの詳細は、今となっては結果論にも堕ちがちなので今日は措くとして、
 しかし仮に郵政選挙を郵政選挙として戦う際にも、その際には「なぜ与党案の郵政改革案に賛成できないか」ということを訴える必要があったろうが、あの長い審議期間中にも対案を出さなかったという事が結局後々の大きなダメージとなっただろう。
 この点では、解散など思いもしない過去の時点において、既に敗北の芽は用意されていたことにもなろう。
 そしてそれをさらに深く突き詰めれば、民主党の典型的野党化傾向ということがそれを準備していたことになる。このことは、前掲リンクの読売記事にある有権者の声にも行間に見てとることができるのではないか。
 (さらに個人的には、岡田氏が代表に就任した時点で民主の退勢は用意されていたと思う。民主批判派の僕でさえ憂い続けてきた結果が今回の選挙だ)


 さらに上記を含めつつ、有権者から見た信頼感の無さということについても真摯に受け止め、なぜそうなってしまったのかということを考えてみなくてはならないだろう。(これもさきの読売記事などが好例、便利な記事だ ^^;)
 もう一歩踏み込めば、さきの西村氏の表現ではないが、果たしてそもそも信頼感などあったのかということも考えるべきだろう。風に乗ってということならばかつての民主躍進も別にはできない。その際に民主を乗せた風とは、民主への信頼であったのか、あるいは自民への不信というに過ぎなかったのではないのか。
 今回の自民得票は余程小泉総理への信頼票であり、僕のような反民主なんて票は少ないだろう。積極選択の風と消極選択の風の差ということも考えなければ。


 敗因ということは、戦略的にも戦術的にも作戦的にも、種々さまざまにあげることができるだろうが、冒頭述べたとおり、大部分は他に譲る。
 しかし上述のようなことから、僕は、野党根性を捨てろということ、手練手管でなく信念を武器にせよということを民主党には求めたい。




 そこで、立て直しに向けて3点+αほどざっくり提言させてもらうと、

(1) まず、先鋭野党化はダメだということ。

 報道記事を見ていると、党立て直しに関して、従来の政権準備党との看板をいったん下げて、先鋭野党としてさらに戦闘的になる方向も党内で選択肢にのぼっているようだが、断じてこれはよくない。
 僕の考えでは、それは今回の敗因の一端の上塗りだ。現状認識の差が対策の差になってくるのは当然だが、ことこの点に関しては、僕の認識のほうが確からしさに近いと思う。

 今回のような与党大勝は、次回選挙において大きな揺り戻しにつながる可能性はもちろん高い。
 しかし、先鋭野党化は、反動票の受け皿になることはできて、そして場合によってはそこで一時的復興を果たすかもしれないが、長期的にそれではダメだということを今回の敗戦で学ぶべきだ。反自民の受け皿ということでは、これまでの繰り返しだ。

 むしろ、反省を踏まえて、今こそ政権準備党という自覚を持ち直すべきだ。177議席なら政権準備党として恥ずかしくないが113議席では恥ずかしいなどということはないし誰も嗤いはしない。僕なら5議席でも政権準備は続ける。^^)

 従来は政権準備党と言いながら、挙動言動はかつての社会党を彷彿とさせる傾向を強めてきた。
 その要因とも思えるのが、次の1点だ。

 (後編につづく)
posted by Shu UETA at 21:41| Comment(4) | TrackBack(1) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 風に乗ったに過ぎないものが、風がなくなれば
> 落ちるだけ、とは、まさに民主党のことではないのか

私もそう考えていたので,西村眞吾氏の発言,
途中まで読んだところで,民主党のことを言っている
のかと思ったら自民批判だったんですね。
やれやれ…。
当事者にとっては自民にとっての追い風でしょうけど
これまでの民主の躍進ぶりを振り返ったらどう見ても
風に乗ってきただけということになると思うんですけどね。
Posted by d_d- at 2005年09月14日 17:51
> d_d- さん

 はじめまして。

 いや… そーなんですよ。
 ひえぇっと思いながら、久しぶりに思わずテレビに向かってつっこみをいれてしまいましたよ。^^;)

 人は勝手といいますか、ことこうなると、「大衆」なんて言い出すんですよね。(もっとも、本来「大衆」が悪口ということではありませんが)

 d_dさんの記事も拝見しました。「裏技」シリーズが特に面白かったです ^^)

 今後ともよろしくお願いします
Posted by Shu UETA at 2005年09月14日 18:15
前原さん(白樺)ガス田へのドリル搬入
が確実ならば強固申し入れし拒否されたなら
物理的に排除すべし。(理」は我にあることを
世界に宣言せよ。国民の大多数は大賛成です。
臆せず前進あるのみ。
Posted by 金指  豊 at 2010年09月17日 18:48
野田氏の党首就任おめでとうございます。
民主党が選挙前掲げたマニュフェストが守れない状況にある現在、管党首が今東北大地震により、
その復興に多大な財源がいることや、円高による不況による経済の落ち込み等によってそれらの対策にすべての財源を当てなければならない現況を国民に訴えとてもマニュフストが守れないことの
お詫びと説明を十分して、国民に一度も頭を下げていない。,とにかく国民に心から頭を下げて誤って下さい。それが先ず何よりの出発点です。
Posted by 柴山正人 at 2011年08月30日 07:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6847757
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

総選挙2005(5)民主の敗因・ウケの狙えるナルシストvs空気の読めないナルシスト
Excerpt: 民主党は総選挙での惨敗を受けて岡田代表が辞任, 新代表選びに入りましたが,今回も党内で調整し候補を一本化, 選挙を回避する方針のようです。 せっかくのニュースのネタ, 党の存在と人材をアピールするチャ..
Weblog: D.D.のたわごと
Tracked: 2005-09-14 17:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。