2005年09月03日

エッセイ「文化外交最前線」


 外務省HPに非常に面白い(有意義な)エッセイコーナーを見つけた。

 文化外交最前線

 国際貿易・経済担当大使の近藤誠一氏によるものだが、現時点で、第18号まで掲載されている。

 文化外交、あるいは文化・文明そのものをテーマに、各回さまざまな切り口で語られているが、氏の教養、見識とともに、無駄のない簡潔な問題提起、各種事象の紹介、提案等は、簡にして要を得るということそのものだ。
 (僕はこういう文章を書けたらなと思う ^^;)

 さらには、僕が常々言う、思索の「触媒」となるという意味でも実に有意義だ。
 ざっと読んで20近くも新しい思考のタネが見つかった。

 実にお薦め。
 時間のあるときに、じっくり全部読んでみて、そしてそれぞれに自分の思索や発想のタネを見つけてみてはいかが。


posted by Shu UETA at 10:10| Comment(0) | TrackBack(2) | 天下-vision・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

エッセイをいっぱい集めました
Excerpt: 明石家さんまも大竹しのぶも好きなので買いました。でも、さんまさんのとこのエピソードは作り話だとか...じゃあ他のは...?と思いますよね。実在の人物を登場させるフィクション(ドカベンとか巨人の星みたい..
Weblog: エッセイへの思い
Tracked: 2007-08-05 11:45

これだけは、村上さんに言っておこう
Excerpt: 村上春樹の小説ははっきり言って好きではありません。でも彼の書くエッセイ的な文章はすごく好き。淡々とやさしく、でも時に鋭いアドバイスは読んでいて安心できるんだよなー。くだらない質問から世界規模の問題に関..
Weblog: エッセイのレビュー
Tracked: 2007-08-23 06:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。