2004年09月20日

コミッショナーもなかなかやる


 今朝の産経新聞記事

  •  スト実施かどうか揺れに揺れた17日
  •  時同じく都内で別の会合が開かれていた
  •  「消費者機構日本」設立総会
  •  その会長に就任したのが、根来泰周氏(日本プロ野球組織コミッショナー)
  •  根来氏が新たな役職手に入れた頃、選手会、球団経営者は激論最中
  •  スト実施タイムリミットとされた17時過ぎから、新組織会長就任記者会見実施
  •  その夜、スト決定を受けて根来氏はコミッショナー辞任表明
  •  「わたしは理屈の世界にいたから、感情の世界はわからない。理屈の通らない話は不愉快でかなわない」と話した。


 当該記事の記者は、
 理屈からいえば、団体交渉にコミッショナーが参加する必要は必ずしもないし、その間に別の会合に出席することもかまわないのかもしれないが、しかし「ストに賛成であれ、反対であれ、この交渉を注目していた人にとっては、信じがたい背信行為に映らないか。」「ここまでひとごとの姿勢をみせられては、怒りを通り越してあきれてしまう」と述べている。

 たしかに、同感である。 ^^;)



posted by Shu UETA at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテ/sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。