2005年08月08日

参院否決・衆院解散へ(雑感 8日19時半現在)


 ご存知の通り、郵政改革法案、参院は大差で否決、それを受けて首相は臨時閣僚会議を開き、解散反対の閣僚等を罷免の上で、衆議院解散を閣議決定した。

 否決については大方の予測の通りであり、今さらその原因をここで洗おうとは思わない。
 ただ、一部の予測(僕の予測ではないが)を超える大差性については、直前で勝敗が明らかになってきた時点での勝ち馬乗りが増えた結果であろうと思う(現に、否決されそうなので反対票を投じますと、あらかじめ断りを入れている議員もいた)ま、中国大陸や、本邦であれば南北朝期の戦いの様相と同じだ。

 こうした現状と今後について、現時点(8日午後7時半)の雑感をざっくりと書いておこうと思う。
 常々言うとおり、僕は政局について書くのは好きではないのだが、今回については国の行く末にも大きな影響を与える可能性もあるので(本来はそうしたものことそが「政局」の名にふさわしいのだが)、さすがに無視し得ない。

 今回の論争は、政策性はほとんどゼロに近く、ほぼ完全なる政局だ。

 一般に議論されてきたような「郵便局が無くなるのでは」という「国民の不安」などといったものは、世論においてまるで顕著ではなく、そうした反対派の論拠は「特定郵便局が無くなるのでは」という特定郵便局長(=地元実力者)の不安を代議士が考慮した結果であり、そこに、首相の言葉によれば「倒閣運動」、つまりは反小泉の勢力が力を得て、タイミングよろしく今を好機と、郵政問題をダシに勢力糾合を図ったものだ。
 この点は過去記事でも少し述べた。(郵政改革政局

 国民、有権者は、まずこの点をよくよく冷静に踏まえておくべきだろう。
 民主党の反対であれ、自民党造反派の反対であれ、それは政局行動に過ぎるものではない。

 もし政策的に言うならば、そのような国民サービスの問題よりも(それは自民党が言うとおり、いくらでも保証する手はあるし、事実その気もあるだろう)、国家の経済的視点でこそ議論されるべきだった(米国が従来常に郵政民営化を推してきているのはまさにこの点においてだ)。
 乱暴ではあるが、金融主体経済体制と生産主体経済体制の体制選択の境に今日の日本は立っているともいえ、それぞれのさまざまな動きがせめぎ合う中、近年は前者の方向へ向かう動きがやや力を得てきている。郵政民営化は、中でもそうした方向へ大きな一歩を踏み出すものであり、この点において僕は郵政民営化に慎重な立場に立っている。
 が、今日の話からは脱線となるので、これはまた別の機会に。


 さて、解散という選択について、これは自民党造反派からも野党からも、今日の否決、解散閣議決定後も声を大に批判がされている。
 いわく、参院否決で衆院解散とはおかしい、三権分立に反する、憲政の常道に反する、総理であれば何でもできるという誤った考えだ…等々。

 しかしこれらは、既に反対派の反対派故の喧嘩腰であって、喧嘩するために使えるものは何でも使うということに過ぎず、客観的な立場による論考ではない。

 この解散の妥当性については、過去記事に述べたとおり。(小泉総理の解散権
 むしろ、この理を理解できない政治家こそ、民主政体の何たるを知らぬ危険人物か、あるいは自分の利益と口げんかのためには都合よく理を曲げて平気な人物、またはそうした基本的理解にたどり着くことのできない知的愚者であるかだ。(多くは、この第二に属する者がほとんどだろう)
 日本人、いや日本の政治家の特質として明らかに顕著であることのひとつは、反対に立てば、相手の言うことは全て、やることは全て反対して非難しなければならないとでも思っているということだ。これは平素の国会議論でも同じ。
 こうした人々は、スポーツ観戦でも、敵のファインプレーにはブーイングこそすれ決して拍手を送らない人々だ(マリーンズファンの爪の垢を何とやら、だ ^^;)
 僕であれば今回の反対派に属していようとも、だからといって解散を(戦術論以外で)非難しはしないだろうけれど。(したとてたいした意味もないし)

 さて、その過去記事にも書いたとおり、しかし政局的戦術として解散が妥当であるかどうかは別の問題だ。
 この場合には信念や筋ということと、戦術的利不利ということを天秤にかけて判断することになるだろう。その際、小泉総裁・総理は、あくまで信念を優先したということだろう。

 猪口才かもしれないが、僕であれば、今国会はそのままいったん閉会し、おって臨時国会召集、その開会冒頭において衆院解散として、投票日を11月中旬頃に、そしてそれまでの3ヶ月強で各種の戦略確立、戦術作戦の展開ということを考えるかもしれない。

 造反派の党公認取り消しについては、これも造反派から激しく非難されているが、これについても、なんらスジを違えたものではなく、妥当だ。
 党議拘束を云々するまでもなく、そんなものはたまたまこれまでの党内慣習がそうであっただけであり、たとえば初めて選挙に立候補する場合の公認取り付けを考えてみれば簡単にわかることだ。
 党の(それも看板的な主要な)公約に面と向かって反対を掲げて、その党の公認を得ようとするのはおかしな話だろう。彼らの場合は、既に党の議員であるからといって、党の主要な政策に反対していながら党議拘束があったの無かったのを云々して公約取り消しを非難するのはおかしな話だ。
 戦うならば当然はなから自民党を抜けるくらいの覚悟があってしかるべきであって、今さら口々に公認取り消しは不法だなどと声をたくましくするのもみっともない話だ。

 しかしこれについても、スジとして妥当であるということと、戦術的に妥当であるかというのは別の問題だ。

 さて、スジ的にはむしろ妥当である衆院解散だが、それが、あらためて民意を問うという意味においてスジだと言うのであって、これも過去記事に書いたとおり、しかし現実にはそれを争点とした選挙にはなるまい。
 では何が、というと、それは政権選択選挙の様相をこれまで以上に色濃くするだろう。
 この点で、総理としての判断においても、ましてそれ以上に総裁としての判断としては、戦略判断において大きな誤算につながる可能性がある。
 この誤算は、独り総理総裁においてのみならず、本日の参院否決に喜色満面で拍手していた自民造反派にとっても(愚かにも今は気づいていないが)最終的に大きな誤算につながる可能性がある。

 そして確かに民主党に有利な選挙になるだろう。
 まず第一に、もし本当に造反派の公認を取り消し、そこに別候補を立てたならば、そこでは自民分裂選挙となり、支持層の票が割れるのは当然だ。

 公認を取り消せば、新党もしくは無所属の現職議員が落選するというものではない。選挙というもの、特に今日のわが国のように投票率のそうは高くない選挙においては、単なる政党支持ということよりも、候補者個人の後援会組織の力が大きいのであって、そうした後援会組織は個人との絆であり、これまで整備してきた後援会組織が、党籍を失ったからといって無に帰すものではない。(イデオロギー政党の場合は別、個人よりも党に意義がある)
 また、自民執行部が新候補を立てたとして、今からの一ヶ月ほどで何ができることか。

 自民党支持の有権者にはさまざまな考え方があるだろうが、票が割れることは避けようがない。
 なぜならば、例えば僕が民主政権を阻止したいと考えている場合(その通りだが)、自分の選挙区に自民党公認新人と公認取り消しの旧来自民議員がいた場合、どちらに票を入れるかというと迷うところだ。自民党を支持したいならば公認候補に投票すべきだが、しかしそのような新人が民主党に勝てるとは思えない、すると、どうせいずれは(小泉排斥後)自民に復帰すると明言している自民非公認の従来議員に投票したほうがベターか、ということにもなる。しかし全うに自民党公認候補に投票する者もいるだろう。そこで有利になるのは民主候補であるというのは火を見るより明らかだ。

 第二に、そのような状況から、民主党が(自身言うとおり)千載一遇の好機を迎えていることは、誰の目にも明らかだ。仮に現実的にそこまで至っていないはずであっても、少なくとも、世間の心象的には、そのように受け止めがちだろう。
 すると、政権交代という閉塞打破感から、潜在的な反自民層、従来選挙に足を運ぶほどではなかった反自民、親民主層が投票に赴く率が向上するだろう。いうなれば、これが勢いというもの。

 かつ、いったん守勢に追い込まれれば、現政権与党は不利になるものだ。何ごとであれ、賛成の声というのは大きくも活発でもなく、現状批判、非難の声というのは積極的で声も大きいもの。
 たとえば何らかの是非を問うような国民投票をすれば、わざわざ賛成するために投票に赴く人よりも、断固阻止すべく投票にかけつける人のほうが多いはずだ、ということは何らかの注意を要する。


 こうした意味では、今回の自民党のやり様は愚かではある。この意味では、小泉総裁と執行部の判断においても、造反派の判断においてもだが、少なくとも前者は政治上の信念によるところとして、後者は多分に近年の自らの立場の地盤沈下に対する焦燥感と、地元有力者への迎合、さらに政局争いの好機への便乗というところを過ぎず、この後者の連中こそが文字通り愚かな判断者たちだろう。

 結局は大局的視野の欠落ということであり、小人物であるということだが、以前にもどこかで述べたとおり、歴史の節目節目で失策をおかしてきた近隣民族のように、近視眼的で小さな我意我欲で全体的視野を持てず、外の敵をよそに分裂闘争の結果、その内ゲバを繰りひろげていた外枠の組織自体を壊滅に追いやるようなものだ。(僕の愛し敬う人の言によるならば、結局は愛国心に帰結するのだろう。そうしたものよりも個人の利得をこそ第一にせよという教育は、今後もこうした人物を世に送り出し続けるに違いない)
 こうした人々に導かれていれば、幕末の日本はあのような近代国家への道を歩めてはいなかっただろう。
 もっとも、今回の場合は国家ではなくあくまで自民党という一政党の命運に過ぎないのだが。しかし政党の行為が国家の命運にダイレクトにつながっていき得ることも事実。


 さて僕の立場はというと、
 僕は積極的な自民党の支持者ではなく、反民主党というに近い。
 自民党の構造的な問題点は重々承知だが、たとえ個々の議員がいかに汚いことを為そうとも、それと政策は別であり、民主党が希求する国家社会観にくらべれば自民党のそれのほうがはるかにマシだ(もちろん、あくまで僕にとってはということだが)。
 もちろんそれも相対的な話であって、政府の施策に平素僕がさまざま批判を加えているとおり、自民支持というよりも、民主党に比べれば、という相対的比較的判断に過ぎない。
 よって、もし民主党という危険な政党が存在しなければ、僕があたかも自民党を弁護するかのような記事を書くことも無くなるだろう。^^;)
 この選挙期間中、せっかくなのでいくつか記事をものするだろうけれど、日本の政党政治史上、民主党ほど国家にとって危険な政党は未だかつてなかったろうと思う。(これは選挙期間中、別記事で)

 いずれ僕は政党を準備するつもりだが、今日において未だそれがない以上、民主政権阻止の一助として、僕は自民党に票を入れることになる。かつ、前述したように、もし自分の投票選挙区に自民公認剥奪の従来自民議員と、自民の新候補がいれば、おそらく僕は造反派たる旧議員の方に投票するのではないか。
 (これまで述べてきたようなスジ論においても、到底尊敬し難い連中ではあるが、その個々人よりも、政権動向上やむを得ない判断だ。正直言って、今回の造反派の面々とは、今回の件などなくとも自民党の最も自民党らしい(悪い意味で)、偶然にも党内で最も唾棄すべき者どもではあるのだが…プロ野球のオリックス同様、個人的には不幸を願ってやまない連中ではあるが、それは別とせざるを得ない。僕とて正直、綿貫氏や亀井静香氏などは、顔を見ても主張を聞いても吐き気を催すほどではあるのだ)

 とはいえ、実は僕自身の今後のためには、民主党政権が誕生したほうが都合がよいとも言える。
 さきにも書いたとおり、現政権非難の方が、選挙においては有利だからだ。自民と僕では共通部分も相当にあり、差別化が明確になり難い。
 すると、僕に都合がよいということは、すなわち日本と世界のために良いということだから ^^;)、今回民主政権ができたとしても長い目で見れば日本には良い目ということもできるかもしれないが…あはは。

 しかし都合が良いということと、そうでなければ不可能だということは別、都合悪しかろうともそれで僕の計画が不可能になるというわけではない以上、例え4年間でも以後半世紀にわたって日本に害悪をもたらし得るような政策を進め得る政権ができることに自分の政局的都合で荷担するわけにはいかない。故にやはり僕は自民に投票することになるだろう。
 とは言え、前述したような都合もあるので、そういう意味では今回の選挙の動向は僕にとってはある程度気楽とも言える。(民主勝利の場合のその後数年にわたり得るストレスは別として)


 最後に、自民党の立場で考えると、
 まず、この際、民主との政権選択選挙だという認識をしっかり持つことが大切だ。その上で選挙戦略は立てねばならない。
 次に、潜在的保守層の危機感に訴える、民主党との争点を前面に出さねばならない。民主の政権批判に対する反論に終始するような姿勢では必ず敗れる。その土俵に乗るのではなく、戦線を主導しなければならない。
 民主内に厳然と存在し、その主義主張も民主が公式に取り入れてきている、革新勢力の主張を標的に引きずり出してくることだ。そのうえで、こんな世の中になって良いのかという問いかけをして、潜在保守層を掘り起こす必要がある。そうした意味では、今回の民主有利との雰囲気は、逆に利用しえる風ともなるのだ。

 さらに、民主の主張に対して国民が危機感を持つようなビッグなニュースをタイミングよくリークできれば申し分ないのだが、そうしたネタをとにかく洗いはじめるべきだ。無ければ仕方ないが。政権政党のメリットをここで活かさない手はない。(本来は平素から準備しておくものだが)
 たとえば、民主は岡田代表をはじめ、中国中国中国と唱え続けている。効果的なのは、ここで中国に対して国民が大きな危機感、理想的には嫌悪感を持ち得るようなニュースを、できれば(9月11日選挙であれば)その5〜7日前にリークしたい。(米国なら3日前といったところだろうが、日本の現状では、もう少し前のほうが効果的だろう)

 なお、公認取り消しは、できれば行わず手打ちして選挙に臨めれば理想的だと思うが…そのためには小泉氏退陣の確約以外にはちょっと難しそうではある。が、少なくとも5日間ほどは、まずこの道を探ってみるべきだ。造反派の扉は開いている。現に今日の否決解散を受けて、新党結成等に関して造反派の言葉はやや慎重になってきてもいる。


 フェアでないので、民主党の立場でも二〜三思うところを。
 まず民主党としては徹底的に政権選択ということを国民に訴えかけるべきだ。極論すれば、政策で差をつけなくとも、イメージだけでも民主は有利に戦える。政権交代という言葉がもつ新風感や、閉塞感の打破イメージは、それだけで既に大きな武器なのだ。民主党最大の武器はそれだ。

 次に、従って、あまりいらぬことを言い過ぎるのはかえって危険な場合もあるので要注意だ。
 あまり現状に対して革新的なことを言い過ぎると、親民主的な保守層を取りこぼすおそれがある。革新的な層に対しても、何もその具体的なことをあまり言わずとも、自民政権が崩壊するというだけでまず今回は彼らは満足し得るのであって、あまり突っ込んだことを言い過ぎると、保守層を失う。
 保守革新両者の支持を受けているという民主党の特徴は、そのような欠点をも持ち得る。そこに着意して、八方美人を維持できるようにすべきだ。少なくとも今回はまだそれで戦える。(もし政権をとれば、次回以降、いずれはどこかで決着を付けねばならないが)
 親中だのアジア外交だのということも(今日の特番でもまだ言っていたが)あまり前面に出す必要はない。国民感情的にも、今はそれほど国民の親中意識が高まっているわけではない、むしろ低止まりだ。逆にそこを自民に衝かれるのも危ない。
 そんなことよりも、(本来くだらない話ではあるが)今日特番で民主の政調会長がしつこく言っていたように、自民党の二世、三世体質であるとか、年功序列体質であるとか、そうした(本来はどうでもいい)ことをイメージ先行で言うほうがまだしも有効かもしれないくらいだ。

 民主は、政権交代こそをキーワードに、(本来は卑怯だが)あまり突っ込んだことをいろいろ言う必要はない。
 所詮は思想的には寄り合い所帯であることを冷静に見つめ、矛盾を表面化させないことだ、少なくとも今回の時点では。

 ま、これは客観的立場においてのフェアな両陣営言及。
 個人的には民主政権を危険視しているのは変わらない。
 よって、この選挙期間中において選挙関連の記事を今後書く場合は、民主を選ぶべきでない理由等について書くことになるだろう。


posted by Shu UETA at 19:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに大局を見誤っているとしかいえません。

おそらく、自民党が今まで通りの選挙戦法で戦うなら、民主党有利でしょう。
この状況を少しでも有利にしようと思えば、おっしゃるとおり
「こんな世の中になって良いのかという問いかけをして、潜在保守層を掘り起こす必要がある。」
という戦法をとるべきだろう、と考えます。

問題は、日本における選挙戦は、つねに目先の問題について焦点をあてており(地元への利益誘導も含む)、また、有権者もそれに慣れているこの状況で、はたしてこの方法を選択する勇気があるかどうかですね。

もう一つあるとすれば、現在の民主党保守派の何人かに自民党の公認をつけることでしょうか。もともと小選挙区制の制限で自民党で出馬したかったにもかかわらず、民主党になっているものもいるはず。造反議員への公認はやめて、こういった将来性のある立候補者をとりこみ、民主党支持層の切り崩しをはかるのも一つの手かと。
Posted by toybox at 2005年08月09日 00:03
賛成ですね。ノンポリ層をいかに右派にもっていくか。僕は経済政策だと思います。潜在的な右派に属するが、小泉&竹中コンビの媚米経済政策が気に入らない人が多いと思いますから。また彼らは期待の安倍晋三代議士もその点では多分同じ穴の狢だということに薄々気づいてしまっている。その穴を埋めるのが民主党右派であって欲しいと、僕は思います。旧自由党の人たちは本音では郵政民営化に賛成のはずです。この際、民主党も分裂してもらいたい。自民党の郵政民営化賛成派は民主党を分裂させるための工作を仕かけるべきであります。熱狂的な安倍信者は中韓朝に対する、より強硬な姿勢という発想でしか、ノンポリを取り込む術を知らないので、僕は残念に思っている。
Posted by 蔵信芳樹 at 2005年08月09日 00:28
> toyboxさん

 なるほどっ
 民主党候補者に自民の公認をつけるとは(微妙なセンスと手際が必要ですが)実に面白い手ですね。
 なるほど… なかなか思いつかないミラクルかも。toyboxさんは鬼才かもしれませんね、なるほど…
 大勢を決するということではなくとも、一つの揺さぶりとしては面白い応用が考えられますね…ふ〜む。
Posted by Shu at 2005年08月09日 08:38
> 蔵信さん

 はい、自民と民主の保守グループでの再編成、二大政党をというのは、僕も期待するところです。
 今回の争乱が起こり始めた当初、あるいは造反派にはそうした選択肢も視野においている可能性もと考えましたが、どうやら、そこまでの気宇や構想は持ちえないようですね。いよいよもって内ゲバの域を出ない私闘レベルのものか、と。^^;)
 経済面でのご指摘については、たしかにそれもあろうかと僕も思います。
 いずれにせよ、まあ言えば今回の悶着も、所詮は悶着、何ら構想も何もない愚かなものと言わざるを得ないように思えますね。
Posted by Shu UETA at 2005年08月09日 08:45
だからこそ、今回の小泉首相の公約を貫こうとする姿勢、信念だけが浮き彫り(加藤の乱と対照)になって、国民の支持が得られるのではないでしょうか。個人的には、造反組との票の共食い防止、つまり造反組との一定の妥協(選挙区での共食い防止、選挙後の追加公認、民主の一部取り込み)をしつつも、自公過半数は固いと予想してます。

>僕であれば、今国会はそのままいったん閉会?>し、おって臨時国会召集、その開会冒頭におい>て衆院解散として、投票日を11月中旬頃に

解散総選挙の争点をあくまでも、郵政民営化(小泉自民党への支持)にとどめておくためには、やはり参院否決、即日が最もインパクトが強いでしょう。選挙戦術、外交、訪米等の状況を総合的に勘案すれば、SHUさんの案もあるかもしれませんが、小泉首相の今回の決断による民衆の支持を直接、選挙に反映させるためには、私はやはり即日解散がベストだと思います。

しかし、郵政民営化のような国家の命運にかかわる法案は与党野党の枠組を越えて、「どうすることが将来の国益に資するのか」という観点で皆で英知を絞って議論をしてくれれば、と思うと少し悲しくなりますね。

小泉首相にとっては、選挙に勝てば公約達成、負けても「自民党をぶっ壊す」という当初の公約を、どちらに転んでも実現できますね。
そうなったとしても自民党が変革する契機になれば、と小泉首相は考えているのでしょう。そして彼は後生、名総理として名を残すことになる、かな?
Posted by imaichi at 2005年08月10日 06:54
> imaichi

> 争点をあくまでも、郵政民営化(小泉自民党への支持)にとどめておくためには、やはり参院否決、即日が最もインパクトが強いでしょう

 まったく、その通り。
 今後の課題は、あくまで郵政民営化を争点にすることに成功できるかどうか、そして政権交代の方がより大きな関心へと推移した場合にどの時点から、どのように、そのケアを行うか、日々の情勢判断に油断がならないですね。

> 勝てば公約達成、負けても「自民党をぶっ壊す」という当初の公約を、どちらに転んでも実現できますね

 なるほどたしかに ^^)

 僕もつくづく、小泉氏は打算よりも信念に拠って行動を選択する人だなと感じます。それは、今回の挙が近視眼的に成功しようが失敗しようが、本来の政治家のあるべき姿であろうなと思います。
 近頃僕自身もそういうことをいろいろ考えながら、近道的な自民党利用はやめることにしましたよ。^^;) 僕もちょっと視点が近くなり過ぎていました。

 ところで、暁さんがおもしろい記事を書いてますよ。一読のうえ、思うところあればコメントでも。
 http://plaza.rakuten.co.jp/blogakatuki/diary/200508080001/
Posted by Shu at 2005年08月10日 16:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。