2004年07月25日

11年前に上院決議 常任理事国には軍事力必要

11年前に上院決議 常任理事国には軍事力必要

米国務副長官が憲法九条が国連安保理常任理事国入りへの妨げになると述べたことが日本側で波紋を広げたが
・この見解は、すでに米国上院の全会一致決議として十一年も前に示されていた
・同副長官の発言も米側の従来の本音を語っただけといえそうだ。


 以前見解を述べたとおり、米国の認識はいたって常識的なものと思うが、記事にいう11年前の米上院決議には次のようなことが記されているという。

 自国の海外での軍事行動をすべて否定する日本が国連安保理の指導部である常任理事国となった場合、日本は常任理事国として、自国ができないと宣言する国連安保理主導の軍事行動を決定し、左右し、他国の軍人を危険にさらす、と。

 私個人としては、最近になって、現時点としては日本の常任理事国入りの(国益に照らした)是非について見解を保留しているが(再思索中)、もしこれを希望するのなら、国際安全保障について自らも「ひと肌脱ぐ」覚悟を示すべきであろうし、その覚悟が不可能なら、常任理事国入りとは違う道での貢献を構想すべきだろう。


posted by Shu UETA at 09:14| Comment(0) | TrackBack(2) | 天下-vision・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

日本の国連常任理事国入りについての私見
Excerpt: 国連改革に関連して、日本の常任理事国入りもにわかに現実味を帯びてきたようで。 と、すぐに飛んでくる牽制球。(笑) まずはアメリカから。 9条で軍事力行使できない日本が国連安保理の決議を主導し..
Weblog: マナヅル日々の雑記帳
Tracked: 2004-08-07 04:41

日本の理事国入りに物申すのは?
Excerpt: 先日、日本の国連入りに対して反対を表明していた韓国の金国連大使ですが、「特定国の常任理事国入りに反対するものではない」と発言を訂正、というか、以前の反対発言もこの論調だったといわんばかりの言い方をして..
Weblog: Buzzaholic Meeting
Tracked: 2005-04-02 18:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。