2005年04月04日

(words) 「歴史」


「 歴史 」


 本当に苦しいこともあったろうな。
 つらいこともあっただろうな。
 泣きたくなる日。
 投げ出してしまいたくなった日。

 けれども、みんな、とにかく生きた。
 彼らの人生を、生きた。
 そういう先輩たちの人生というものを、僕はまるごと愛せずにはいられないよ。

 歴史は連綿と続く。
 何万、何億という人生の上に、僕らの生はある。
 僕たちの世界はある。今日も──


posted by Shu UETA at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぉ母さんぉ父さんに感謝o

ぉじいちゃんぉばぁちゃんに感謝o

(´∀`)ァハー
Posted by at 2005年04月05日 19:33
> Bさん

 まったくです ^^)
Posted by Shu UETA at 2005年04月06日 21:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。