2005年03月20日

皇嗣問題は緩い規定追記で(岡崎氏)


 僕自身は以前に女性天皇という記事で、女性天皇問題について見解を述べたことがあるが(女性天皇は可も男系維持のこと)、僕はその旨を憲法であれ皇室典範であれいずれかで規定すべきと考えている。

 ところで、その際の規定要領について具体的に岡崎久彦氏が意見を開陳しておられたのだが(本日付産経新聞「正論」欄)、それが実に柔軟性に富み現実的に思えたので、ここに紹介しておきたいと思う。

  産経05/03/20正論
 岡崎久彦「女性天皇論議は早すぎはしないか」の最終段(典範改正で自縄自縛に陥る恐れ)

 <前もって決めない利点も>

 もし今から何らかの制度をつくるとすれば、皇室典範第一条にただし書きを添えて、もし男系男子の継承権者がいないことが明らかとなった時点で、皇室会議で代わりの案を考慮するとしておくだけで良いかもしれない。

 それは当然に、女帝をも意味するし、また旧皇族の男系男子でも良いことを意味する。

 こういうことは前もって決めない利点もあるかもしれない。正統性が疑いない時は、個人の資質は関係ないが、正統性が薄くなるほど資質が関係してくる。

 旧皇族の中に、誰もがこの方なら、という方が現れるかもしれない。その場合、規則を決めておかなかった方が良かったということもありうる。

 あとは、一つつけ加えれば、皇嗣の決定を審議するに際して、「日本の歴史と伝統に従って」の語句を挿入することは必要であろう。考えてみれば、それが日本民族が過去十数世紀、行ってきた慣例であり、伝統である。



 僕自身は、なるほどとは思わされた。

 岡崎氏はこれより前の部分で、「まだ継承順位におられる男性皇族が多数おられるのだから、切羽詰った問題ではないのではないか」と述べておられるが、いずれにせよ、現時点で憲法等条文における女性天皇云々といった言及は時期尚早にしてかつ後々の選択肢を制限するものになるかもしれない。

 さらに、そのようなことを典範、ましてや憲法などで規定せずとも、岡崎氏の提案されるように、「日本の歴史と伝統に従い、皇室会議において決定する」という程度の規定をしておくことが諸事態に対し応変に処置し得る現実的な方法かもしれない。
 かつ、このような緩い規定であったとしても、もとよりこの問題は国民の権利関係に影響を与えるものではない。

 ちなみに、現行規定においても、皇位継承順位の変更や摂政の順位変更は皇室会議の議決事項となっている。

 cf:皇室典範


 ただ…大いに賛成とは言い切れないものもある。

 僕は旧宮家のいくつかの皇族復帰という案を第一に考えているのだが、この場合、戦後に皇籍を脱してから既にかなりの年月が経っているのであって、皇籍復帰は少しでも早いほうがよい。
 ましてや、その復活宮家から継承者を出すとなると、なおのことあらかじめのお心積もりを持っておいていただかねば、それこそごく普通に一般国民として暮らしていたところが突如天皇を嗣がねばならない羽目にということにもなってしまい、日本にとってもご本人にとっても、これは避けたい。

 また、いくつかの旧宮家復旧を行わず、そのまま女系天皇制移行を認めるという立場に仮に立ったとしても(僕は反対だが)、その時が訪れて急にということでは、天皇教育的なことに不備が生じるということもないとも言えない。

 そうした意味では、あまり悠長に構えて、「その時考える」的なものでは不安があるようにも思う。

 であれば、「皇室会議で決定」ということについても、切羽詰まった時ではなく、相当の適当な時期において招集し、早めの決定をしておく必要が出てくるだろう。

 ちなみに…術策的であまり好むところではないものの、もし僕が議員であれば、念のため、旧宮家のいくつかを復興するための他の意義はないか検討を始め、(建前上)天皇継承問題とは別に、旧宮家復興の法案を研究、提出をねらってみたくもある。^^;)


posted by Shu UETA at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 天下-vision・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。