2011年11月02日

マガジン『ここが知りたい!防衛と指揮』



 メールマガジン『ここが知りたい!防衛と指揮』の案内ページをこちらに移しました。

 おかげさまで2周年を過ぎ、100号も越えました。

 防衛学の基礎、そして戦略戦術や危機管理、指揮統御の基礎について、月額525円(初月無料)・毎週火曜日朝の発行でお送りしています。
 ご購読のお申し込みはページ右上のリンクからどうぞ。
 (バックナンバーの購入もそちらで可能です。)

 facebookページ

 ★現在の連載記事(NEWupdated)
  ◯ 闘戦経研究
  ◯ 防衛コラム(不定期)
  ◯ 「五輪書」/宮本武蔵







 ★バックナンバー目録(購読ページで購入できます。)

 10年12月
001 戦争をしない国でも軍隊を持っているのは何故か?/指揮とは?
002 リアリズムの世界観と軍事力/指揮:ゴールを示す
003 戦争は何のためにあるのか?/ ゴールの示しかた(前編)
004 軍事力の機能 / ゴールの示しかた(中編)

11年1月
005 ナポレオンと核兵器/ゴールの示しかた(後編)
006 バランス・オブ・パワー/ゴールは正しいか
007 安全保障のジレンマ/監督する(前)
008 抑止とは何か/指揮官は最後の切り札

11年2月
009 サッカーは戦争の代わりになれない?/現場進出と空気のコントロール
010 スエズ運河と関ヶ原/陣頭指揮
011 兵站を考える重要性/部隊精強化(幹部論文)
012 なぜ陸軍が必要なのか?/任務環境

11年3月
013 陸軍:歩兵、砲兵、戦車と地雷/ 育成
014 陸軍ってなんだ?(後編)/監督フェーズのまとめ
015 ネガティブ・リポート/指揮所運用
016 海軍の役割/危機管理(予測)

11年4月
017 海軍の兵器1/危機管理(2)回避
018 海軍の兵器2/危機管理(3)対処
019 海軍の兵器3/危機管理(4)防止
020 シーパワー/評定・賞罰

11年5月
021 空軍の役割/組織整備
022 空軍兵器と航空優勢/組織整備−戦術構想
023 核兵器は世界をどう変えたか/組織整備−分数と指揮
024 核抑止のしくみ/組織整備−統制系統

11年6月
025 組織整備−装備
臨時 中小国の核戦略
026 日本の防衛/組織整備−教育訓練
027 戦略戦術の奥義/「兵法家伝書」連載開始
028 強さとは/防衛の目で見る日本列島(1)

11年7月
029 戦略と戦術/防衛の目で見る日本列島(2)
030 目的と目標/専守防衛のパラドクス
031 状況判断/日本の防衛と日米安保
032 状況形成/自衛隊を持っていいのは何故

11年8月
033 戦いの機能/集団的自衛権と海外派遣
034 打撃と拘束/文民統制とは何か
035 予備隊/ドイツの成功と失敗
036 その他の機能/文民統制の危機

11年9月
037 戦いの原則1/平和と平和主義1
038 戦いの原則2/平和と平和主義2
039 戦いの原則3/恐怖との共存1
040 戦いの原則4/恐怖との共存2

11年10月 ☆孫子入門連載開始
041 計篇1:兵をはかるに五事を以てす/木人花鳥
042 計篇2:兵は詭道なり/放心心を具せよ
043 計篇3:廟算にて勝つ/有無の沙汰
044 作戦篇1:兵は拙速を尊ぶ/神妙のこと

11年11月
045 作戦篇2:糧を敵に因る/防衛の目標/歩みの事
046 作戦篇3:兵は久しきを貴ばず/憲法と自衛権/一理の事
047 謀攻篇1:百戦百勝は善の善なる者に非ず/自衛権の条件等/是極一刀の事
048 謀攻篇2:上兵は謀を伐つ/国防の基本方針/心をすてゝ、すてぬ也

11年12月
049 謀攻篇3:小敵の堅は大敵の擒なり/その他の政府方針
  /敵をうつとおもふて、我身をうたす
050 謀攻篇4:軍を乱すなかれ/大綱と中期防/心から見てこそ目もつくべき物なれ
051 金正日総書記死去/謀攻篇5:彼れを知りて己れを知れば/計画体制の変遷
 /心をかへす事
052 形篇1:能く自ら保ちて勝を全うする/1次防/一去と云ふ心持

12年1月
053 形篇2:智名も無く勇功も無し/2次防/捧心の心持の事
054 形篇3:道を修めて法を保つ/3次防/通達の人
055 形篇4:勝兵は鎰を以て銖を称る/4次防/本心、妄心
056 形篇5:積水を千仞の谿に決す/大綱と単年度計画/妄心血気

12年2月
057 勢篇1:分数/最初の大綱/本心にかなはゞ名人なるべし
058 勢篇2:統制系統/単年度計画期/無刀
059 勢篇3:正と奇/五三中業/きらるゝ程にあらずば成間敷
060 勢篇4:正を以て合し奇を以て勝つ/五六中業/大機大用

12年3月
061 勢篇5:勢は険にして節は短/中期防/機を熟す
062 勢篇6:強弱は形なり/中期防(昭和61)/大用
063 勢篇7:善く敵を動かす/中期防(平成3)/枢機
064 勢篇8:勢に求めて人に責めず/大綱改正への情勢/転処実に能く幽なり

12年4月
065 虚実篇1:人を致して致されず/07大綱(概要)/とゞまらぬ心
066 虚実篇2:其の守らざる所を攻むる/07大綱(防衛力の内容)/是柱非柱
067 虚実篇3:其の必ず救う所を攻むる/07中期防(方針)/常の心
068 虚実篇4:人をして己れに備えしむる/07中期防(主要事業)/「兵法家伝書」むすび

12年5月
069 虚実篇5:作して動静の理を知る/12中期防(方針)/五輪書 序文
070 虚実篇6:兵を形すの極は無形に至る/12中期防(主要事業)/地2:兵法の道
071 虚実篇7:兵に常勢なく、水に常形なし/BMDと大綱見直し/地3:兵法の道
072 軍争篇1:迂を以て直と為す/BMD整備/地4:大工にたとえること

12年6月
073 軍争篇2:風林火山/16大綱理念/地5:技とたしなみ
074 軍争篇3:鼓鐸旌旗/16大綱(環境分析)/地6:地水火各巻
075 九変篇1:三軍は気を奪い将軍は心を奪うべし/16大綱(基本方針)/地7:風、空の巻
076 九変篇2:囲む師は欠く/16大綱(体制)/地8:二刀

12年7月
077 九変篇3:軍に撃たざる所あり/16中期防(方針)/地9:兵法の二字
078 九変篇5:智者の慮は利害に雑う/16中期防(事業)/地10:物にすききらふ事悪し
079 九変篇6:走らすは利を以てす/政権交代と新大綱/地11:拍子の事
080 九変篇7:敵を恃まず我を恃む/22大綱(章立て)/地12:道を行う法9箇条

12年8月
081 九変篇8:将を殺すは五危をもってす/22大綱(基本理念)
  /水1:水を本として利方の法をおこなふ
082 行軍篇1:死を前にして生を後にせよ/22大綱(安全保障環境)
  /水2:常の心に替る事なかれ
083 行軍篇2:軍は高きを好みて下きを悪む/22大綱(基本方針1)
  /水3:兵法の身をつねの身とす
084 行軍篇3:渉らんと欲する者は其の定まるを待て/22大綱(基本方針2)
  /水4:観の目つよく見の目よはく

12年9月
085 行軍篇4:鳥の起つは伏なり/22大綱(基本方針3)/水5:いつくは、しぬる手也
086 行軍篇5:辞の卑くして備えを益す者は進む/22大綱(防衛力の役割)/水6:足づかひの事
087 行軍篇6:軍の擾るるは将の重からざるなり/22大綱(自衛隊の態勢)/水7:五方の構え
088 行軍篇7:合するに文を以てし斉うるに武を以てす/22大綱(自衛隊の体制)/水8:太刀の道

12年10月
089 地形篇1:地の道/22大綱(各自衛隊の体制)/水9:我太刀の道を知り敵の太刀を知る
090 地形篇2:天の災に非ず将の過ちなり/22大綱(防衛力発揮の基盤)/水10:おもての第二の次第
091 地形篇3:地形は兵の助けなり/22大綱(まとめ)/水11:こす拍子
092 地形篇4:進んで名を求めず退いて罪を避けず/22中期防(方針)/水12:太刀の道を受けて勝つ道

12年11月
093 地形篇5:卒を視ること愛子の如し/22中期防(基幹部隊の見直し)/水13:太刀筋をからして敵の心を受く
094 地形6:彼れを知りて己れを知る/22中期防(主要事業1)/水14:何事もきる縁と思ふ事肝要也
095 九地篇1:死地には則ち戦う/22中期防(主要事業2)/水15:一拍子
096 九地篇2:敵人をして前後相及ばざらしむ/22中期防(主要事業3)/水16:無念無相の打

12年12月
097 九地篇3:其の愛する所を奪う/22中期防(主要事業4)/水17:流水の打
098 九地篇4:甚だしく陥れば則ち懼れず/22中期防(日米安保強化)/水18:縁のあたりといふ事
099 九地篇5:善く兵を用うる者は卒然の如し/新政権での尖閣問題/水19:石火のあたり
100 九地篇6:事を易え謀を革め/尖閣領空侵犯/水20:太刀にかはる身

13年1月
101 九地篇7:囲まるれば則ち禦ぐ/北方領土と核戦略/水21:打つとあたるといふ事
102 九地篇8:覇王の兵/水22:秋猴の身
103 九地篇9:覇王の威/水23:漆膠の身
104 九地篇9:無法の賞を施し無政の令を懸く/水24:おもてをさすという事

13年2月
105 九地篇10:始めは処女の如く後は脱兎の如く/水25:心(むね)をさす
106 火攻篇1:火攻に五あり/水26:多敵のくらい
107 火の発して其の兵の静かなるは待つ/千里の道もひと足宛
108 火攻篇3:火を以て攻を佐くる/火1:千人をもつて万人に勝つ

13年3月
109 火攻篇4:戦勝攻取して其の功を修めざるは凶なり/火2:場の次第といふ事
110 人に勝つは先知なり/三つの先といふ事
111 用間篇2:間を用うるに五あり/火4:枕をおさゆる
112 用間篇3:間を用いざる所なし/火5:渡を越すといふこと

13年4月
113 用間篇4:其の守将を知る/火6:景気を知る
114 反間は厚くせざるべからず/朝鮮情勢:誰が得をするのか/剣を踏む
115 上智を以て間者と為す/くづれを知るといふ事
116 おさらい(計篇〜虚実篇)/「空飛ぶ広報室」/敵になるといふ事

13年5月 ☆闘戦経研究連載開始
117 おさらい(軍争篇〜地形篇相当)/四手をはなす
118 おさらい(九地篇相当)/陰を動かす
119 闘戦経序文/影を押さえる
120 一氣兩天地/うつらかすといふ事

13年6月
121 固蔕載華/むかつかするといふ事
122 心気運用/おびやかすといふ事
123 化骨識矣/まぶるゝといふ事
124 純一爲宝/かどにさわるといふ事
posted by Shu UETA at 22:33| 戦略戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。