2005年03月04日

「春の雪」豊饒の海

 今日はちょっと時間がなくて、短く。^^)

 今朝はテレビからのニュースの声にびっくり。
 なんと、「春の雪」が映画化とはっ!

 三島由紀夫「春の雪」妻夫木主演で映画化

 松枝清顕を妻夫木聡が、綾倉聡子を竹内結子が。
 監督は行定勲。

 「春の雪」、というか「豊饒の海」四部作はすごく好きな作品で、僕としてはきわめてめずらしく、何度か読んでいるんだけど、中でも「春の雪」は、今でも、なんでもないときにふと読みたくなって引っぱり出してきてしまう。

 「春の雪」は恋愛ものとしても好きだけど、「豊饒の海」全体を通して、それぞれの主人公たち(同一の魂…?)の意志いうもの、fragileな感じ、そして「時」というもの、それを超えるなにものか、また仏教哲学でいうところの阿頼耶識(あらやしき)といもの、そういったさまざまに惹かれて惹かれてしかたがない。

 もっとも、今回の映画では、ただひたすら恋愛物語として描くようだけど。
 (ある意味仕方ないか、四部作をすべて映画化するわけにもいかぬだろうし)
 まあ監督が監督だから、やはり狙いは恋愛映画なんだろうし。

 しかし、あまりいないかもしれないけれど、もしまだ読んだことがないという人には、一度手にとってみては、とお薦めしたい。

 「豊饒の海」という四部作の、最初が「春の雪」、そして「奔馬」、「暁の寺」、「天人五衰」と続く。

 あまり知ってしまっても楽しみがなかろうというものだけど、大きな流れ(まさに流れ!)を紹介すると、
 「春の雪」の舞台は明治から大正の東京。主人公は侯爵家の息子、松枝清顕。綾倉伯爵家の令嬢、聡子との悲劇的な恋の話。

 このシリーズを通じての副主人公である本多は、清顕の親友。
 四部作は全て、主人公が異なるが、この本多は、「春の雪」に清顕の友として18才で登場してから、「天人五衰」に80才で登場するまで、ずっと主人公たちに関わっていく。

 主人公たち…しかし彼らは同じ一つの魂、清顕の転生として描かれる。
 輪廻転生…などというと、なにやら陳腐な話を想像してしまいそうになるが、とてもとても、さにあらず。そこは三島由紀夫だ。
 しかし彼は、「春の雪」の巻末に自ら明確に記している。
 ---「豊饒の海」は「浜松中納言物語」を典拠とした夢と転生の物語であり、因みにその題名は、月の海の一つのラテン名なる Mare Foecunditatis の邦訳である。 …と。


 三島由紀夫の描写力の美しさもさることながら、僕は、恋ということを思いもすれば、そして「時」ということを考え込み、意志ということを考え、そして阿頼耶識なる万物の根底に深く共有されるあらゆる智と情報の場ということについて思索せずにはいられない。

 以前どこかでも書いたけれど、僕はもとより、全てが根っこでつながっているような「全体」というもの、そしてそれから分かれ出て存在している万物個々というものを直感し、想定もしている人間なので、なおさら考えさせられる。

 まだ手に取ったことがないという人がもしもいれば、僕はお薦めしたい作品のひとつだ。

 cover cover cover cover

 春の雪 ―豊饒の海
 奔馬 ―豊饒の海
 暁の寺 ―豊饒の海
 天人五衰 ―豊饒の海
posted by Shu UETA at 22:25| Comment(2) | TrackBack(3) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。今回が2回目のコメントです。この間はあたたかいメッセージをいただきありがとうございました。娘をほめてもらえるのは、とてもうれしいことです。娘もとても喜んでいました。Shuさんのブログをみるようになったのは、本当に最近なんですけど、「構造構成主義とは何か」の本を手にしたのがきっかけです・・・。Shuさんの詩とても素敵ですね。いつのまにか涙がでていて自分でも驚きました。なんとなくですけど、Shuさんて「豊饒の海の中にでてくる、本多(勝手につくりあげてすみません・・)」を連想させる人だな〜と思ったんですけど、そしたら、ここまで辿りつきました。私も豊饒の海シリーズは大好きです。やっぱりその中でも「春の雪」が一番好きです。私はある一定の人たちとの根っこが同じなんじゃないかな〜と思ってました。種は一緒で木としては同じ種類なんだけど・・・。うまく表現できませんが、でも一緒なんだからどちらがすごい木だろうなんて争う必要はないんじゃない!みたいな感じです。これからも愛読させてくださいね。応援してます。またまた長々とすみませんでした。では、このへんで・・・。
Posted by T.T at 2005年08月28日 18:48
> T.Tさん

 おお、「構造構成主義とは何か」つながりですかっ
 あれに関してはいろいろな直感直観がはたらいたのですが、やはり、いろんな良いものを僕に連れてきてくれるようです。うれしいですね。^^)

 wordsについてはお恥ずかしい限りでコメントし難いですが ^^;)、しかし何か共感してもらえる点があるとすれば、これほどうれしいことはありません。

 本多ですか あははは
 どうでしょうか ^^;)
 そうですね〜 考えたことはなかったですが、自分としては、松枝と本多の中間、かなり本多よりといったところでしょうか、やはり。あははは

> 種は一緒で木としては同じ種類なんだけど・・・。うまく表現できませんが、でも一緒なんだからどちらがすごい木だろうなんて争う必要はないんじゃない!みたいな感じ

 すっごく同感ですっ
 そうした共感がある限り、僕らは、意見が異なることはあっても波長は合わせていけるのだろうなと思います。

 今後とも、こちらこそよろしくお願いします
Posted by Shu at 2005年08月28日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2253856
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

『春の雪』映画化ヽ(´ー`)ノ
Excerpt: 三島由紀夫「春の雪」妻夫木主演で映画化 ----------------- 三島由紀夫「春の雪」妻夫木主演で映画化 2005年03月04日(金) 日刊スポーツ  三島由紀夫の小説「春の雪」が妻..
Weblog: 徒然なるままに時間のあるときにPCに向かひて
Tracked: 2005-03-07 01:14

三島由紀夫原作『春の雪』
Excerpt: 春の雪 http://www.harunoyuki.jp/ ★★☆☆☆ 映画 華 大正ロマン 恋愛 『世界の中心で、愛を叫ぶ』『北の零年』などヒット作を連発する行定勲監督が三島文学に挑む。 ...
Weblog: Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』
Tracked: 2005-09-15 16:44

スピリチュアルブームに思ふ―見えない存在への思ひ 2007.2.X
Excerpt: 無神論は精神の力のしるしである。 しかしある程度までだけである。 by パスカル...
Weblog: 仙台インターネットマガジン
Tracked: 2007-02-24 18:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。