2005年02月09日

穂村弘

 現代短歌というものは、実は好きではない ^^;)
 俵万智の「サラダ記念日」(短歌とはいえ詩と言えるものが僕には一つも見つけられない --;) 的な、ただ短い文を五七五七七に当てはめただけのもの(ファンの人がいたら、すみません ^^;) は他人のそれを読む意義がみつからないし、毎週末新聞の歌壇コーナーに出る、老いの話か病気の話が昔を思い出す話か孫の話といったワンパターンのものも苦手で。

 ところが最近、ふと微妙に琴線に触れるものに出くわした…

 ほんとうにおれのもんかよ冷蔵庫の卵置き場に落ちる涙は

 これは、穂村弘という歌人のものだった。
 62年札幌生まれ、僕より七つ年上だ。誕生日は一日違い ^^;)

 早速、彼の歌集を買ってみた。
 本当は、上記の歌が載っているという「シンジケート」を買おうかと思ったのだが、amazonでもセブンアンドワイでも、発送まで時間がかかるということだったので、24時間以内に発送可能となっていた「ラインマーカーズ」というベスト版(自選の400首収録)を注文。本当にすぐ届いた。

 収録詩集ごとに載っているが、一読した結論としては、少なくとも僕の好みにおいては、「シンジケート」が最も素晴らしいように思える。今度はぜひ「シンジケート」を買ってみよう。^^)

 他の僕のお気に入りのいくつか。


 体温計くわえて窓に額つけ「ゆひら」とさわぐ雪のことかよ

 「キバ」「キバ」とふたり八重歯をむき出せば花降りかかる髪に背中に

 ばらのとげ泡立つ五月 マジシャンの胸のうちでは鳩もくちづけ

 終バスにふたりは眠る紫の<降りますランプ>に取り囲まれて

(以上「シンジケート」より)



 水銀灯ひとつひとつに一羽づつ鳥が眠っている夜明け前

 天使にはできないことをした後で音を重ねて引くプルリング

(以上「ドライ ドライ アイス」より)


 久しぶり、僕も歌をやってみるかな…とも ^^)
 もしいい具合なら、wordsに載せてみる、かも。
 (でもカンを取り戻すのにしばらくかかりそう。期待はしないでください ^^;)
posted by Shu UETA at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。