2004年12月13日

(words) 僕らの心は…


 僕らの心は
 小さな池の水面のよう
 太陽にきらきらと

 そして
 月が昇れば
 月を映そう

 君が覗けば
 君を映そう

 風に揺れることもあるけれど
 また静かになる



posted by Shu UETA at 22:35| Comment(2) | TrackBack(1) | words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心に「水」のイメージ、私も持っています。
なぜか、刀と水は表裏一体です。

水のような心…。
ひとを映し、どんなカタチにも変われる。
風にざわめき、揺れる心…。
そして、静かに、波一つない心…。

フレーズ一つ一つが心に染み入るようです。
Posted by jk at 2004年12月14日 03:28
> jkさん

 このお名前では、はじめましてっ、ですね。^^)

> 心に「水」のイメージ、私も持っています。
> なぜか、刀と水は表裏一体です。

 しかし…つくづく僕はjkさんと波長が合う気がします(失礼ながら ^^;)

 「シーズン」明けには、お逢いできる機会が持てるのを楽しみにしています。
Posted by Shu at 2004年12月14日 06:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: ココロは水 水はココロ 風に揺れて ざわめき乱れることもあれば 波一つなく 静かな水面に月を映すこともある 水はどんなカタチにもなれる 水はどんなイロにも染まれる だから、綺麗に、静かに、 澄ん..
Weblog: spearmint cafe
Tracked: 2004-12-15 21:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。