2005年12月13日

誰そ彼どき

051213_1726.jpg


 僕の部屋の窓から南
 遠くに阪神高速湾岸線


 たそがれどきは
 わくわくする

 空の青、グラデーションがたまらない


 写真だといまひとつだけれど、なんとなく気まぐれ









posted by Shu UETA at 17:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ちょっと反応するところがズレているかも知れませんが、僕は「誰そ彼」、「彼は誰」という言葉がとても好きです。人間関係の在り様から一日の時間の移り変わりを感じさせる、キレイな言葉でよね!
Posted by yt at 2005年12月14日 04:59
> ytさん

 いえ、ズレてないです
 僕も大好きなんです、たそかれ、かはたれ、なんて発想の表現が。
 誰かは反応するかも、と思って書いたので、うれしいです。えっへっへ ^^)

 なにかと微妙なところで気の合うところがしばしばありますねっ
Posted by Shu at 2005年12月14日 12:53
お邪魔します。
私も一日の時間の中でたそがれ時が一番好きです。紺と朱のコントラスト、その間のグラデーションが何とも言えないですよね。拙ブログの配色もそれを意識してカスタマイズしたくらいです。「わくわく」するっていう感覚、すごく分かりますよ。
Posted by 夢草の剣 at 2005年12月15日 18:17
> 夢草の剣さん

 やあ、うれしいですねっ
 こう…うまく言葉で言い切れない、いわく言い難い感覚ですよね!

 夢草の剣さんのところのプロフィール画像も、まさにそんな感じ、ですね ^^)
Posted by Shu at 2005年12月15日 23:21
>プロフィール画像

そうだった!(笑)
ほんとに表現しがたいんですが、世界のエロス性流れ込んでくる瞬間がある、そんな気がするんですよね。なぜかは分かりませんが。
Posted by 夢草の剣 at 2005年12月16日 22:20
> 世界のエロス性(が)流れ込んでくる瞬間がある

 ほう…新鮮ですが、なんだかわかるような気もします…
 なんともいえない刹那性とともにというか…う〜ん
Posted by Shu at 2005年12月16日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。