2005年12月05日

「恥」感覚と「差異化」の武士道


 武士道では「恥」の感覚ということがしばしば云われる。
 そして、武士の道徳観が広く日本人全体の道徳観を形作ってきたことからも、単に武士というよりも日本人の感覚というべきかもしれないが。

 ところで、こうした「恥」の感覚は当然ながら「他者の目」ということを前提としているのであって、そこから、こうした感覚は事の判断基準を自らの外部に置くというきわめて受け身的な態度だということもいわれがちだ。

 しかしながら、武士道なるものが何らかのエッセンスを保ちつつも、時代に応じて変遷し、その時々に理想的な武士の姿を描いてこれた理由のひとつに、そうした「他者の目」を想定する構造があったのではないかと僕は思っている。



 そもそも武士道であるとか士道であるとかいうものは、もとより一定の教義に基づくようなものではなく、行動を通して、また行動の評価を通して形作られ、表現されるところが大きい。

 「行動と評価を通して」というと即座にイメージしにくいかもしれないが、僕の考えではそれは、例えば記号学(言語学)における「差異性」という概念にも近いものだと思う。

 つまり、言葉(記号)の概念を獲得する過程において、あるAというものではないBやCとの差異を通じてAというものを理解していくように。
 これはキツネだがあれは猫だ、これはキツネだがあれはタヌキだ、これはキツネだがあれは犬だ…という具合に、キツネではないものとの差異の認識のうえに「キツネ」というものをわかっていく。

 これは武士の鑑であるが、これは全く武士の風上にも置けぬ、これは天晴れの武士であるがこれは武士の名折れである…
 それを言うのは親や先輩であり、朋友であり、世間であり、だ。
 しかし彼らは誰もがいずれも時代の子であって、そこに時代の感覚、価値観というものが多分に影響する。
 その中で、そうした空気の示す差異性から、それぞれに武士道観を胸中につくりあげていくことになる。

 だから、キツネを言葉で定義したってキツネを真に言い尽くせないし、説明を受けた者も真に「わかる」ことは難しいのと同様、武士の鑑であり武士道というものも、言葉でかくかくしかじかとは言い難く、人によって概念の持ち方も説明の仕方も変わってくる。

 したがって、「恥」ということをさかんにいう武士道とは、しばしば言われるように、他者の評価ばかりを気にする「受動的」に過ぎる態度というよりは、安易に成文化し言語化することよりも、人間の関係性のうえに、また時代々々の価値観のうえに構築されていくものなのだろうと思う。
 ところ変われば常識変わる、という言葉もあるが、武士道とはそういうものであって(もちろんエッセンス、核心は保持しつつも)、宗教の戒律や、なにか掟のような硬直的なものではないのだ。ゆえにこそ現に武士道という価値観は、時代に応じて相当に変容してもいるし、結果的に、その時代、世情に対して最も理想的な姿が描かれることになる。

 また、「恥」という武士の感覚は、「他者の目」といって今日想起しがちであるような、実際にそれを見る現実の目ということを想定していない。
 誰かが現に見ているかどうかではなく、もし見たらどうか、というのが武士の自身への問い方だ。
 誰も見ていなければ何をしてもよいということではなく、現実に誰もいなくても、見られた場合恥ずべきことはすべきことではないというもの、そこでは、結果的にそれを判断するのは自分自身であって、「他者」とはあくまで自分が仮設する「他者」だ。つまり究極的には、他者などではなく自身であるともいえる。

 その、自分の中に仮設される他者というものが、時代の空気、成長の過程の中で、記号論的に形成されていくものではないかと思う。むろんそれは概念形成としては成文の掟のようなものに比べてますます恣意的だろうけれど。

 「心だに誠の道に適いなば、祈らずとても神や守らむ」
 そう言うときの「誠の道」も、それは神の教えるものではなく、自身の中に仮設される「誠」であり、あるいは「神」であるともいえる。

 武士にとって、あるいは善き日本人にとって、「人に恥じない」ということは、だから「己に恥じない」ということにもなってくる。


 やや余談に近づくが、
 冒頭に触れたとおり、往時の武士道というものは、ただ武士階級のみならず、ひいては日本人全体に波及して、その道徳観というものを形成していった。

 さて、そこでだが、その波及元であり淵源たるところの武士道なるものがそもそも明文化し得るような性質のものではなく、上述したように多分に時代の空気、世情の影響を受けると仮にすれば、日本人の道徳観であるとか善悪、是非観といったものも歴史的にそうした性質を大いに持ち得るのではないだろうか、などということを僕は考える。

 日本人は、ことの是非ということについて原則的でないとか、空気の支配などということがしばしばいわれる。
 新渡戸稲造も著書「武士道」の前文において、「宗教教育なくして一体どのように道徳を教えるのか」と海外人から訊かれて苦慮した経験を吐露している。

 今日に至るも、日本人の道徳観というものは、かつて武士道がそうであったように、過去の時代の蓄積の上に立ちつつ、当代の世情と価値観の影響の中で構成されていくものかもしれない。

 キリスト者であれば聖書を見れば、ことの是非善悪は載っている。だから、極論すれば、自分以外の全てが死に絶えても、あるいは山奥で誰とも関係を持たずに成長し暮らそうとも、自分一代、自分一人で(キリスト教の)道徳を知ることはできる。(少なくとも「根拠」がある)

 日本の道徳観というものは、日本人が自分一人であったり、あるいは他者との関係を一切持たずに山中や孤島で暮らすならば、自分一代自分一人で知ることのできるものではない。(というより、仮にそこで自分なりに構成しても、論理的には、それは「日本人の道徳観」というものとは別の何物かであるということになる)

 であれば、そうした良くも悪くも「空気の支配する国」日本においては、いっそう、躾け、教育ということが重大な意味を持つような気もする。(これはキツネだけどあれはネコだと教わる過程が不可欠)
 「原理(教典、掟)」を持たず「空気の支配する国」において「空気」を感じ取れない人間が増えるということは、なんともそら恐ろしいはずだ ^^;)


【関連する記事】
posted by Shu UETA at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 武士道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。