2009年03月17日

戦術の勝負(雑記的)


 WBC日本vsキューバ、昨朝も午前5時のプレーボールからしっかり観戦。
 結果的には日本の快勝、
 そして韓国にコールド勝ちした時に「実力差はほとんど無い」と言ったのに比べると、キューバはやや劣る感があった。一言でいうなら、現代野球としてはキューバの(今回のチームの)野球は、粗野に過ぎるきらいがある。
 野球であれサッカーであれ、強いチームが勝つのではなく、上手に戦ったチームが勝つのだ、とはよく言われることだが、キューバは個々の選手レベルでは「強い」のだが上手に戦わない。
 日本チームは、今大会でもし再度キューバと対戦する場合には、今度も彼らの「強さ」を「上手く」かわし、さばいていくことが肝心だろう。

 ところで、今回の勝利の報道で、サンスポに次のようなくだりがあった。

 狙い球を絞らずに来た球を打つ、天才肌の打者をそろえた日本。原監督は「(WBCは)相手を観察する時間はない。自分たちの野球をすれば、戦える自信がある」。この日も先発攻略への細かな指示は出ていなかった。だが、制約を課さないことが、逆に好球必打の姿勢を研ぎ澄まさせているようで、選球眼の良さが際立っていた。


 たしかに、選球眼のよさ、そしてそれ以上に、球種やコースに関わらず来た球に反応する能力では、まさに選りすぐりのメンバーというほかないと思う。(ファールの多さ、そして空振りの少なさに顕著だろう。)
 (ちなみに前回WBCで名を売ったロッテの西岡は、今回の選にもれたことを大いに発奮材料としてるが、実は彼は、あまりこうしたタイプではない、もしくはその点では未熟だ。しかし、目下のオープン戦での日々のコメントでは、来た球に自然に反応すること、それをテーマにしていることがわかる。ひょっとすると本人は、発表されたメンバーリストから、自分に欠ける部分をしっかり自覚しているのかもしれない。それが思索であれ本能であれ、だとしたら偉いものだ。)

 「天才肌」という表現は抽象的に過ぎるが、
 より具体的に、「狙い球を絞らないタイプ」の選手ということでは、なるほどと首肯するところがある。
 奇しくも、中継放映中に解説の槙原氏も、はたと思いついたといった様子で、「ひょっとすると選考基準にそういうのがあったのかもしれない」とつぶやいていた。

 実際にどうであったのかはわからない。
 しかし、もしそうしたことが意図的に行われていたのだとすれば、それは天晴れ実に戦略的だと思う。

 で、ひさしぶりに少し戦略・戦術ということについて徒然に。

見てみる
posted by Shu UETA at 02:23| Comment(0) | TrackBack(2) | 戦略戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

(words) 機嫌よく



   いつだって

   機嫌よく

   はしゃぐように

   生きてたい



posted by Shu UETA at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

(words) 待つ



 僕にはイメージできる

 そしてそれを待っている

 僕が待つとはそういうこと

posted by Shu UETA at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

クリアな頭


 僕が好きな人に、おそろしく歴史的知識を欠くひとがいるんだけど、

 このまえ、たまたま話にシーザーの名が出たら、

 「誰ですか?それ」

 で、「カエサルやで、カエサル」

 「なんか聞いたことあるかも。王様か何かですか?」

 「そうそう!あ、いや…王様までは結局いかなかったんだけど… ローマ帝国のさ、いや…まだ帝国じゃないな。まあ…でも…そんな感じの…。」


 ちょっと前に、何かの髪型の話で、「足利尊氏みたいなさ」て話で(実際には高師直という説もある教科書等でお馴染みのあの絵)、
 「誰ですか?それ」


 僕がこの話をするのは、その人をけなしているんじゃなくて、むしろ感心してるって話。

 そのひとは、賢いひとで、ものごとの判断もたしか。
 僕は大いにかっているし、一目おいてもいる。
 本人は意識してないかもしれないけれど、戦略眼・戦術論的な話でも、きわめて妥当に判断する。


 そうなんだよな、知識とそれは別なんだよな。

えらく雑駁な話だけど見てみる
posted by Shu UETA at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 思索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

シー・シェパードを海賊指定する


 まだ思いつき程度。
 十分に研究もしていないので、ざっくりコメント程度。

 シー・シェパードについては、日本政府として国連海洋法条約上の海賊に指定してみてはどうか。(※海賊関連は第100条〜)

 海賊として、同法105条にもとづき拿捕する。
 この場合、現在水産庁と海保が苦慮しているように「乗り込んで来て不法行為をしないと逮捕できない(船内のみが日本とみなされるから)」という縛りはない。
 海賊は拿捕した国が自国において裁判を行うことができる。

 条文には「私的な不法行為」とあり(英文等でどう表現されているかはまだ確認してない)、「私的」というところに疑義があるが、これは、とりあえず日本政府が「私的な不法行為である」と断定すればよい。(後述、特に第一、第三の線においてはそれで問題ない。)

 60年代のポルトガル反政府活動のガルバン大尉の例のように、私的ではあるが、政治的な意図による場合の取り扱いなど、解釈はいろいろ可能だが、とりあえず日本は、「公的(と当人たちが主張する)目的を標榜しようとも、『公的機関によるものではない行為』」という国際法における一般的な解釈を主張しておけばよい。

 いずれにせよ、同条約の解釈・適用を管轄すべく国際海洋法裁判所があるが、そこで解釈をめぐって係争すらできないような無理ではない。(この際、結果的に敗訴となっても差し支えない。)

 シー・シェパードは、自ら当該組織を名乗り、過去に「不法な暴力行為」の実績を重ねており、公に記録もされている。
 海賊として対処するならば、次にはシー・シェパードと名乗ってさえいれば不法行為に及ぶ以前に拿捕することとて可能といえば可能だ。

 我が国において海賊対処が海保を主体として行われてきている(ソマリア沖は例外的)とおり、これについてもまずは海保が対処すべき。

 ただし、遠洋水域とりわけ南極海のような場所で、作業船を継続的にエスコートすることは、おそらく不可能だろう。
 もし海保の枠組み内で行うとすれば、これまでとおり、他国の協力要請という線しかない。これがまず第一の線。

 海自を派遣するのが第二の線。
 そして、そういう話が出るだけでも、それを嫌ってそれだけで海保は今以上に真剣味をもって取り組むだろう。

 さらには、海賊指定ならびに海賊対処としての実力行使の宣言により(あるいはもしくはそれに先んじた下調整段階でも)、現在及び腰の各国政府捜査当局の行動を促すことができ、実際の海賊対処作戦が必要なくなればいちばんよい。これが第三の線。

 主として第三の線(最も理想的)もしくは第二の線に関わって、
 せっかく目下取り組み中の海賊対処法は、シー・シェパードにも適用可能なものにすればよい。
 そしてそれが報道されるだけでも、一定の効果が期待できる可能性がある。


posted by Shu UETA at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 天下-安全保障・外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「〜を振るな」でなく「〜を狙え」


 WBC1次ラウンド、昨日の快勝には大いに溜飲を下げたが、
 まあしかし溜飲を下げたという程度のものであって、
 現実に点差のごとき力の差があるようには思えなかった。

 マシンではなく人間がすることだから、
 モメンタム(流れ)の行方次第で、ああしたことは起こってしまう。

 松坂もきわめて悪かった。
 どちらが先に打ち崩されてもおかしくなかった。

 ところで、報道によると
 試合前、高代コーチは「低めを振るな」ではなく「高めを狙え」と指示した、とのこと。(サンスポ)
 彼自身は理由として、「振るなと言うと、低めのストライクも見逃すから」としているが、

 こうした指示において、ダメなことではなく、だからすべきことのほうを指示するというのは、現に実戦の最中もしくはそれに臨んでおこなわれる際の指示としては一般的な原則だと思う。
 (あくまで現実にその場に臨んでの指示。練習時などはまた別。)

 緊張しないように、といえば人は緊張する。
 (こうした指示自体が意味のある指示とはなり難いが)リラックスとか、力を抜けというほうがはるかにマシ。

 コーナーでアウトにふくらまないように気をつけろと言えば、アウトに行ってしまう。
 しっかりインを見て行けと言うべき。

 指示といわず、自分で言い聞かせる場合もそうだ。

 カーブに引っかからないように気をつけようと思っていると、ひっかかる。
 ストレートを狙おうと思うべき。

 単車や車、峠道で、アウトに流れないようにしなきゃと思ったほうが、するするとアウトに引き寄せられる。

 単純なことだが、そうした単純さが人にはあるような気がする。

 仕事でも同じ。
 もちろん鉄則というよりは原則、状況によりけりではあるが、
 しかし人に指示を出す立場にある人は、知っておくべきことだと思う。


posted by Shu UETA at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦略戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

秘伝3月号


 そうそう ところで

 月刊「秘伝」3月号はオススメ

 今回の特集記事「剣術奥義の秘密に迫る」がいい。

 剣術に興味のある人はぜひぜひ。

 戦略・戦術・危機管理に関心のあるひとも、剣から汲めることは多いよ。
 剣こそは、その技と智恵とハートの精髄だっ。

posted by Shu UETA at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 武術/身体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意識の濃淡と偏り


 近頃、あらためて直感するというか、なんとなく実感することに、

 意識の濃淡の偏りが、不具合や障害を起こしがちなのでは

 ということがある。

 これは、武術的に自らの身体意識についていう場合には、その道では何ら真新しいことではないが、
 これというのは、ただ自身の身体意識についてのみならず、人の組織についてもいえるような気がしている。

続きを見てみる
posted by Shu UETA at 03:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 武術/身体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

北朝鮮ミサイル迎撃は悩ましい


 かなり重大な発言だと思うんだけど、意外にさほどの注目を浴びていないような感もある、防衛相による北朝鮮牽制発言。
 「北朝鮮が弾道ミサイルを発射すれば撃墜することも検討」
 重ねて、「もし人工衛星であっても同じ」とも。

 防衛相、外相の揺らぎのない発言ぶりからすると、この件に関する米国との調整は十分に済んでいるのだろう。
 さきのクリントン氏訪日の際にも確認があったと思われる。

 北朝鮮の発射ミサイルを撃墜するということは、言うまでもなく軍事的攻撃であって、重大な行動となる。国家の意思と力の発動として相応の覚悟が必要だ。
 そして、実際に行動しないまでも、そうした可能性を宣言するというだけでも、日本としてはちょっと目を耳を疑うような変貌ぶりではないだろうか。(僕としては歓迎。長足の成長といえる。)

 しかし迎撃の実際問題としては、非常に悩ましい。

 1 軍事ミサイルであれ、衛星運搬ミサイルであれ、それを破壊するのは軍事攻撃だ。撃墜に成功した場合、それが真に戦端となる可能性を全く否定することはできない。(つまり北朝鮮の反撃)

 2 また、試みたにもかかわらず撃墜に失敗した場合、国際的な安全保障力学的にも、政治的にもダメージが大きい(MDの実効性)

 3 成功しても失敗しても、中露両国にかなりの程度、データ収集を許すことになる

 4 これらの考慮から、迎撃自体は米国ではなく日本のみが行うよう割り当てられている可能性がある(失敗した場合でも米国の抑止力を維持するためには止むを得ない面もある)

 5 衛星であったかどうかは遂に最後まで確証することはできない。米国内のロビー団体の動向、国内の特定勢力のキャンペーン次第では、一部マスコミ等も力づけて、大々的な非難が巻き起こる可能性もある。(民生に対する軍事攻撃/自衛の限度を超えた軍事力行使/個別安全保障の逸脱/補償 etc.)

 6 迎撃しない場合でも、北朝鮮のミサイル技術は未熟であって、我が国領土内にミサイル構成物が落下してくる可能性も現にある(昨年も空中分解している)
  そうでなくとも、ロケット切り離し部分にせよ、市街に落下すれば被害は数百メートル範囲の甚大なものとなり得る。

 7 地下注入設備も完整しているとの情報もあり、燃料注入等の事前兆候を察知し損ねる可能性もある


 僕自身の現時点での感触としては、日米ともに、「撃墜するぞ」はブラフ、あくまでも牽制ではないかと思う。そして、それで良いと思う。(6項が無論脅威ではあるが…。あとは蓋然性の問題になる。)
 ただし、もし本当に北朝鮮が発射を行った場合、「シミュレーションの結果、撃墜は成功したことが確認できた」程度の発表は必要だろう。

posted by Shu UETA at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 天下-安全保障・外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主小沢代表違法献金問題の活かし方


 民主党小沢代表に対する違法政治献金疑惑問題が世間、とりわけ政界をにぎわせている。
 賑わいぶりは十分過ぎると思われるので、特にニュース等のソースリンクは貼らない。

 思うところを少々。
 主旨は、このとおり。

 与党陰謀捜査とは考えづらい。
 それがいずれであれ、小沢氏の危機管理には迂闊の面が否めない。
 民主党の立場に立てば、小沢氏は、あえてすっぱり職を辞し、民主は新代表ならびに新執行部体制づくりで盛り上げることで、むしろ来る選挙戦における有利を補強できる。
 自民側に立てば、先手をうって関係議員を処分して民主を追い詰めることができる。その後の民主党内政局には、影に日に手を突っ込んで撹乱すべき。これら撹乱は、一元指揮のもと計画的になされるのが効果的。
 また、両党とも、それを願わない人々は、政界再編策動グループの動向に注意を怠らないよう万全の意を用いる必要がある。

続きも見てみる
posted by Shu UETA at 03:37| Comment(0) | TrackBack(2) | 天下-その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。